🐧

Ubuntuでdateの時刻表示、コマンドのエラーメッセージを英語にする

2023/01/08に公開約900字

Ubuntu 22.04 Desktopを古い2011年モデルのMacBookAir にインストールして使っています。

dateコマンドの時刻表示を英語に変更する

$ date
2023年  1月  8日 日曜日 15:20:21 JST

デフォルトでは日本語で表示されるようになっていました。いままで英語表示に慣れていたので、これを変えたいと思います。

現在のロケールの設定を確認。

$ locale
LANG=ja_JP.UTF-8
LANGUAGE=
LC_CTYPE="ja_JP.UTF-8"
LC_NUMERIC="ja_JP.UTF-8"
LC_TIME="ja_JP.UTF-8"
LC_COLLATE="ja_JP.UTF-8"
LC_MONETARY="ja_JP.UTF-8"
LC_MESSAGES="ja_JP.UTF-8"
LC_PAPER="ja_JP.UTF-8"
LC_NAME="ja_JP.UTF-8"
LC_ADDRESS="ja_JP.UTF-8"
LC_TELEPHONE="ja_JP.UTF-8"
LC_MEASUREMENT="ja_JP.UTF-8"
LC_IDENTIFICATION="ja_JP.UTF-8"
LC_ALL=
$ LC_TIME=C date
Sun Jan  8 15:25:42 JST 2023

コマンドのエラーメッセージを英語にする

$ mkdir /aaa
mkdir: ディレクトリ `/aaa' を作成できません: 許可がありません

個人的にはこれには違和感を感じるので、これも英語に変更します。

$ LC_MESSAGES=C mkdir /aaa
mkdir: cannot create directory ‘/aaa’: Permission denied

恒久的に変更する

~/.profileの最後に以下を追加しました。

export LC_TIME=C
export LC_MESSAGES=C

Discussion

ログインするとコメントできます