🦖

Zig言語はいつバージョン1.0になるのか

2023/01/23に公開約1,200字

Zigはまだ正式リリースではないので、破壊的変更が入ります。
ではいつ正式版がでる予定なのでしょうか?

Zig 1.0 は2025年の予定

2022年4月の動画です。
https://youtu.be/AqDdWEiSwMM?t=2486

ここでは2025年に言語仕様を固めて、安定版のブランチを切ってリリースをし、それに1.0のタグをつけると言っています。

2022年

ちょっとその動画を巻き戻して[1]見てみます。

Ship Self-Hosted with LLVM backend
これは 0.10.0 ですでに実現されました。

2023年

  • Official Package Manager
  • Language Specification Draft
  • Implement accepted proposals
  • Experimental language chanegs such as more runtime safety

パッケージマネージャはすでにmasterにマージされているので、次のリリースで(実験的にでも)使えるようになりそうです。
次の0.11.0はLLVM 16.0.5に合わせてリリースされるそうです。
https://github.com/ziglang/zig/milestone/17

2024年

  • Implement accepted proposals
  • Eveluate the state of the language with respect fo recent changes
  • Iterate on package Manager

2025年

  • Audit Standard Library
  • Finalize Language Specification
  • Go one full release cycle without any breaking changes
  • Tag 1.0

他の言語で1.0になるまでにかかった期間
Nim 2005 - 2019 (14年)
Rust 2006 - 2015 (9年)
Goは2007 - 2012 (5年)

Zigは2015から始めているので10年かけて1.0にするのは妥当だろうと言っていました。
繰り返しますが、この情報のソースは2022年4月時点の動画です。

おまけ

この動画を見ていて気がついたのですが、MacOSのオブジェクトフォーマットである "Mach-O" の発音は「マチョ」でした。日本語でも「筋肉モリモリ」の意味で「マッチョ」と言いますがそれと同じ単語のmachoに掛けられていたのですね。私は全く知りませんでした。
https://ejje.weblio.jp/content/macho

脚注
  1. あれ、若者には巻き戻すって通じないんだっけ? ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます