M1 Macにnvmを使ってNode.jsをインストールする

2 min read読了の目安(約2000字

M1 MacにNode.jsをインストールします。

一応バージョン管理もできた方がいいと持ったのでnvmを使います。

こちらの記事を参考にしました。

前回の記事でHomebrewはインストールできていたので

brew install nvm

でインストールしようとしたら

Error: No developer tools installed.
Install the Command Line Tools:
  xcode-select --install

と怒られました。
あれ?インストールしてたつもりでいたのに気のせいだった??
とりあえずインストールします。
10分弱待ちました。

command line toolをインストールした後、再度

brew install nvm

を叩くと無事インストールは完了しました。
インストール後の画面に

Please note that upstream has asked us to make explicit managing
nvm via Homebrew is unsupported by them and you should check any
problems against the standard nvm install method prior to reporting.

You should create NVM's working directory if it doesn't exist:

  mkdir ~/.nvm

Add the following to ~/.zshrc or your desired shell
configuration file:

  export NVM_DIR="$HOME/.nvm"
  [ -s "/opt/homebrew/opt/nvm/nvm.sh" ] && . "/opt/homebrew/opt/nvm/nvm.sh"  # This loads nvm
  [ -s "/opt/homebrew/opt/nvm/etc/bash_completion.d/nvm" ] && . "/opt/homebrew/opt/nvm/etc/bash_completion.d/nvm"  # This loads nvm bash_completion

You can set $NVM_DIR to any location, but leaving it unchanged from
/opt/homebrew/opt/nvm will destroy any nvm-installed Node installations
upon upgrade/reinstall.

と言われたので $HOME で

mkdir ~/.nvm

して、その後 ~/.zshrc に

export NVM_DIR="$HOME/.nvm"
[ -s "/opt/homebrew/opt/nvm/nvm.sh" ] && . "/opt/homebrew/opt/nvm/nvm.sh" # This loads nvm
[ -s "/opt/homebrew/opt/nvm/etc/bash_completion.d/nvm" ] && . "/opt/homebrew/opt/nvm/etc/bash_completion.d/nvm" # This loads nvm bash_completion

を追記し、シェルを起動し直したら無事パスも通りました。
インストールされてバージョンは0.37.2でした。

これでnvmがインストールできました。

nvm ls-remote

上記コマンドで登録されているNode.jsのバージョンを確認したところ最新が15.11.0でした。

nvm i v15.11.0

でインストールします。
時間はかかりますが特に問題なく終了。

node -v
v15.11.0
nvm current
v15.11.0
node -p process.arch
arm64

バージョンもv15.11.0になっているしプロセスもARM64になっているので大丈夫そうです。