🐳

DockerでVue.jsの環境を作るまでの手順

2 min read

Dockerを使ってVue.jsの環境を作りたかったのでその記録です。

環境

  • MacBook Air (M1, 2020) MacOS Big Sur
  • Docker version 20.10.1
  • docker-compose version 1.27.4

フォルダ構成

project
├── docker
│   └── web
│       └── Dockerfile
├── docker-compose.yml
└── server

docker-compose.yml

version: '3.8'

services:
  web:
    container_name: web
    build: ./docker/web
    ports:
      - 9000:9000
    privileged: true
    volumes:
      - ./server:/app
    tty: true
    stdin_open: true
    command: /bin/sh

ポートは9000にしてますけど、自身の環境に合わせて変えてください。ちなみにVue.jsのデフォルトポートは8080のようです。

Dockerfile

Webフォルダの下に下記の様なDockerfileを作ります。FROMの値は適宜変えてください。

FROM node:15.11.0-alpine

WORKDIR /app

RUN apk update && \
    npm install && \
    npm install -g npm && \
    npm install -g vue-cli

Docker起動してコンテナに入る

# Docker構築&起動
docker-compose up -d

# コンテナに入る
docker-compose exec web sh

Vue.jsプロジェクトを作成

コンテナに入ってプロジェクトを作成します。

/app # vue init webpack
# y/nで質問されますが、こだわりなければ基本yesまたはEnterでOK。こだわりがあればお好きな様に。

環境設定

project/server/config/index.js の値を環境に合わせて変更します。
hostを'localhost'から'0.0.0.0'に変更します。

// Various Dev Server settings
host: '0.0.0.0', // can be overwritten by process.env.HOST

また、docker-compose.ymlでportも変更した場合、それに合わせてindex.jsのportも変更します。
私はdocker-compose.ymlで9000番を設定したので9000を設定します。

port: 9000, // can be overwritten by process.env.PORT, if port is in use, a free one will be determined

さらに、ファイル変更も検知されるようにpollの値をtureにします。

poll: true, // https://webpack.js.org/configuration/dev-server/#devserver-watchoptions-

実行

index.jsの値を変更し終えたらnpm run devで実行します。

/app # npm run dev

動作確認

http://0.0.0.0:9000/ にアクセスします。いつものこの画面がでればOKです。/project/server/src/components/HelloWorld.vue の中身も適当に変更して、変更が反映されるかも確認しておきましょう。

参考にしたページ:

https://qiita.com/A-Kira/items/ed12de84dda0230a4eae

Discussion

ログインするとコメントできます