🦵

firebaseによるAsyncStorage警告はgetReactNativePersistenceで解決できる

2022/04/07に公開約1,500字

expoからFirestoreを利用していると、下記のような警告が出ていて困っていた

Warning: Async Storage has been extracted from react-native core
and will be removed in a future release. It can now be installed
and imported from '@react-native-community/async-storage' 
instead of 'react-native'. See https://github.com/react-native-community/react-native-async-storage

firebase@9.4.1以上であれば抑止する方法が入っているようだった

やり方

getReactNativePersistenceというのが追加されているので、これを利用する。

import { getApp, getApps, initializeApp } from "firebase/app"
import { getAuth, initializeAuth } from "firebase/auth"
import AsyncStorage from "@react-native-async-storage/async-storage"
import { getReactNativePersistence } from 'firebase/auth/react-native'

const initalizeFirebase = () => {
  const app = initializeApp(FIREBASE_CONFIG)
  
  // ↓この設定を追加
  initializeAuth(app, {
    persistence: getReactNativePersistence(AsyncStorage)
  })
}

もしかしてユーザーがログアウトされてしまうのでは?というようなことも考えたが、少なくとも試した限りは特にログアウトされるというような現象は確認されなかった

jestがコケる

しかし残念ながら、この設定を入れると、jestが下記のようなエラーを出してしまう

SyntaxError: Unexpected token export

mockでカバーする方法もあったが、jest-node-exports-resolverを入れてしまう方が楽に解決出来そうだった

$ yarn add -D jest-node-exports-resolver

configは下記のように追加すと解決するようだった

// jest.config.js
module.exports = {
  //...
  resolver: 'jest-node-exports-resolver',
  // ...
}

参考

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます