🗿

SWRのmiddlewareを使ってmockせずにテストする

2021/12/08に公開約3,900字

非同期処理のテストを行う場合、モックを噛ませないとうまく行かないケースがどうしても存在する。
SWR1.0で導入されたmiddlewareを利用するとこれをいい感じに回避できることを見つけたのでまとめる

下準備

今回はまず下記のようなコンポーネントをテストすることを考える

export const useDictionary = (word: string) => {
  return useSWR(`https://api.dictionaryapi.dev/api/v2/entries/en/${word}`, (url) => fetch(url).then(r => r.json()))
}

export const SearchResult: FC<{ word: string }> = ({ word }) => {
  const { data, error } = useDictionary(word)
  if (error) {
    return <div>エラーが発生しました</div>
  }
  if (!data) {
    return <div>読込中です</div>
  }
  return <div>
    <pre>
      <code>{JSON.stringify(data, null, 2)}</code>
    </pre>
  </div>
}

(注:今回のコンポーネントの場合、単に分離すればmockせずにテスト可能なレベルなものだが、今回は説明の簡素化のためにこうする)

普通のテストの場合

例えば下記のように書いてもローディング状態が取れてしまうだけで、適切にテストができない

import renderer from 'react-test-renderer'

test("snapshot test ", () => {
  const tree = renderer.create(
    <SearchResult word="dog" />
  ).toJSON()
  expect(tree).toMatchSnapshot()
})

// 結果:
// <div>
//   読込中です
// </div>
// `;

このような場合は多いのはjest等のmockReturnVlalueを利用するなどがある。

import useSWR from "swr"

jest.mock("swr")
// @ts-ignore
useSWR.mockReturnValue(({ data: { mock: "data" } }))

test("snapshot test ", () => {
  const tree = renderer.create(
    <SearchResult word="dog" />
  ).toJSON()
  expect(tree).toMatchSnapshot()
})

// 結果:
// <div>
//   <pre>
//     <code>
//       {
//   "mock": "data"
// }
//     </code>
//   </pre>
// </div>
// `;

ただやはりmockは記法が独特になったり、思わぬ影響が出たりするため可能であれば避けたいところだ

本題: SWRのmiddlewareを利用する

ここから本題だ。SWRのmiddlewareを利用してmiddlewareからmockを返すようにする。

test("SWRのmiddlewareを利用したパターン", () => {
  const testMiddleware: Middleware = () => {
    return (): SWRResponse<any, any> => {
      const mockData: any = {
        mock: "data"
      }
      return {
        data: mockData,
        error: undefined,
        mutate: (_) => Promise.resolve(),
        isValidating: false
      }
    }
  }
  const tree = renderer.create(
    <SWRConfig value={{ use: [testMiddleware] }}>
      <SearchResult word="dog" />
    </SWRConfig>
  ).toJSON()
  expect(tree).toMatchSnapshot()
})

// 結果:
// <div>
//   <pre>
//     <code>
//       {
//   "mock": "data"
// }
//     </code>
//   </pre>
// </div>
// `;

エラーケースをテストしたければ下記のようにもできる

test("SWRからエラーが帰ってくる場合", () => {
  const testMiddleware: Middleware = () => {
    return (): SWRResponse<any, any> => {
      return {
        data: undefined,
        error: Error(),
        mutate: (_) => Promise.resolve(),
        isValidating: false
      }
    }
  }
  const tree = renderer.create(
    <SWRConfig value={{ use: [testMiddleware] }}>
      <SearchResult word="dog" />
    </SWRConfig>
  ).toJSON()
  expect(tree).toMatchSnapshot()
})

// 結果
// <div>
//   エラーが発生しました
// </div>
// `;

これでmiddlewareでテストをカバーすることができた。
上記例ではかなり単純化しているが、例えばキーによって返すデータを変更するなども可能だろう

test("キーによって結果が変わる場合", () => {
  const testMiddleware: Middleware = () => {
    return (key: string): SWRResponse<any, any> => {
      const mockData = {
        "https://api.dictionaryapi.dev/api/v2/entries/en/dog": {
          descrption: "dog is kawaii"
        },
        "https://api.dictionaryapi.dev/api/v2/entries/en/meat": {
          descrption: "niku is umai"
        }
      }
      return {
        data: mockData?.[key],
        error: undefined,
        mutate: (_) => Promise.resolve(),
        isValidating: false
      }
    }
  }
  const tree = renderer.create(
    <SWRConfig value={{ use: [testMiddleware] }}>
      <SearchResult word="dog" />
      <SearchResult word="meat" />
    </SWRConfig>
  ).toJSON()
  expect(tree).toMatchSnapshot()
})

// 結果
// Array [
//   <div>
//     <pre>
//       <code>
//         {
//   "descrption": "dog is kawaii"
// }
//       </code>
//     </pre>
//   </div>,
//   <div>
//     <pre>
//       <code>
//         {
//   "descrption": "niku is umai"
// }
//       </code>
//     </pre>
//   </div>,
// ]
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます