🏭

React hooksでfactoryパターンっぽいことをしたいときは結局コンポーネントを分離するのが妥当なのでは

commits6 min read

Reactでhooksを切り替えしたい時について考えたケースがあったので書き残し。

中盤は悪例を挟みます。悪例については利用しないことをおすすめします
結論だけ知りたい方向け -> 結論へ

前提

React hooksで例えばパターンA、パターンBを切り替える、factoryパターンっぽいことをやりたくなることがある。

コンポーネントより外側で切り替えることが可能であればこちらの記事などのようなことが可能だが、コンポーネントの内部で切り替えたいケースだとこのやり方だと処理出来ない

例えばこのようなカウンターを考えてみたい。


// Hooksは共通で下記の値を返す
export type CounterHooksResult = {
  value: number,
  onClick: () => void
}

// 単純なカウンター
export const usePlainCounter = (): CounterHooksResult => {
  const [state, setState] = useState(0)
  return {
    value: state,
    onClick: () => {
      setState(current => current + 1)
    }
  }
}

// ランダムにするカウンター
export const useRandomCounter = (): CounterHooksResult => {
  const [state, setState] = useState(0)
  return {
    value: state,
    onClick: () => {
      setState(Number((Math.random() * 100).toFixed(0)))
    }
  }
}

// フィボナッチ数列で増えるカウンター
export const useFibCounter = (): CounterHooksResult => {
  const [fib1, setFib1] = useState(1)
  const [fib2, setFib2] = useState(1)
  return {
    value: fib2,
    onClick: () => {
      const nextValue = fib1 + fib2
      setFib1(fib2)
      setFib2(nextValue)
    }
  }
}

これを例えば下記のように切り替えしてみたいというシーンとなる

const Counter = ({ method }: { method: string }) => {
  const props = useこのカウンター用Hooksをカウンターによって切り替えたい()
  return <Stack>
    <Box>Value: {value}</Box>
    <Button onClick={onClick}>Click</Button>
  </Stack>
}

とりあえずなんとかするなら?

🤨 全部呼び出す

かなり力技だが、例えば下記のように全部呼び出して切り替えるなら可能だろう。


const useCallAllPattern = (method: string) => {
  const random = useRandomCounter()
  const fib = useFibCounter()
  const plain = usePlainCounter()
  switch (method) {
    case "random":
      return random
    case "fib":
      return fib
    default:
      return plain
  }
}

const Counter = ({ method }: { method: string }) => {
  const props = useCallAllPattern(method)
  return <Stack>
    <Box>Value: {value}</Box>
    <Button onClick={onClick}>Click</Button>
  </Stack>
}

無駄な呼び出しも多く、場合によってはパフォーマンスに問題がありそうで、あまり取りたくない手段だ。

駄目なパターン

ここから少し陥りそうな悪例パターンを紹介していく。
あくまで出来ないものとして読んでいただきたい

❌ hooksの内部で切り替える

下記のようにhooksの内部で呼び分けるのを考えたくなるかもしれないが、これはhooksルールに違反してしまう

// ❌ ダメなパターン
const useCounter = (method: string) => {
  switch (method) {
    case "random":
      return useRandomCounter()
    case "fib":
      return useFibCounter() 
    default:
      return usePlainCounter()
  }
}

const Counter = ({ method }: { method: string }) => {
  const { value, onClick } = useCounter(method)
  return <Stack>
    <Box>Value: {value}</Box>
    <Button onClick={onClick}>Click</Button>
  </Stack>
}

useRandomCounterとusePlainCounterはhooksの呼び出し数が一緒なのでエラーは出ないが、useFibCounterなどに切り替えるとhooksのエラーとなる。

下記のようなエラーが出るだろう

Uncaught Error: Rendered more hooks than during the previous render.

hooksが同じ数の場合はエラーが出なかったりするが、いつコケるかわからない危険なコードなので一切やらないことをおすすめする

また、なんとなく「もしかしたら関数だけを返すなら行けるかも?」と思うかもしれないが、これも同様NGだ

// ❌ ダメなパターン
const getFactoryCounter = (method: string) => {
  switch (method) {
    case "random":
      return useRandomCounter
    case "fib":
      return useFibCounter
    default:
      return usePlainCounter
  }
}

const Counter = ({ method }: { method: string }) => {
  const useGeneratedHooks = getFactoryCounter(method)
  const {value, onClick} = useGeneratedHooks()
  return <Stack>
    <Box>Value: {value}</Box>
    <Button onClick={onClick}>Click</Button>
  </Stack>
}

ダメではないがおすすめしないパターン

🤨 hooksの内部で切り替えつつ、keyを設定して分離

上記の回避策として、keyを与えることで一応回避は可能となる。
ただkeyの本来の使い方とは違い、保守性の観点からしても潜在的な危険性を抱えるので、これも個人的にはおすすめしない

// おすすめしないパターン

const useCounter = (method: string) => {
  switch (method) {
    case "random":
      return useRandomCounter()
    case "fib":
      return useFibCounter()
    default:
      return usePlainCounter()
  }
}

const CounterInternal = ({ method }: { method: string }) => {
  const { value, onClick } = useCounter(method)
  return <Stack>
    <Box>Value: {value}</Box>
    <Button onClick={onClick}>Click</Button>
  </Stack>
}

const Counter = ({ method }: { method: string }) => {
  return <CounterInternal method={method} key={method} />
}

結論

ここからどうすればよいかについて記述していく。

🙆🏻‍♂️ コンポーネントで分離する

当たり前で面白くない結論ではあるが、やはり様々考慮するとhooksでどうこうせずにコンポーネントの部分で分離し解決するのが良いんじゃないかと感じている。

少々記述量は多くなるが、コンポーネントを適切に共通化してpropsを注入する形にできればそれほど肥大化もしないはずだ。

// CounterComponentが共通コンポーネントとして定義
// hooksではなく結果値を受け取るコンポーネント側で共通化する
const CounterComponent = ({ value, onClick }: CounterHooksResult) => {
  return <Stack>
    <Box>Value: {value}</Box>
    <Button onClick={onClick}>Click</Button>
  </Stack>
}

// それぞれのHooksを利用するコンポーネントを定義する

const PlainCounterComponent = () => {
  const props = usePlainCounter()
  return <CounterComponent {...props} />
}

const RandomCounterComponent = () => {
  const props = useRandomCounter()
  return <CounterComponent {...props} />
}
const FibCounterComponent = () => {
  const props = useFibCounter()
  return <CounterComponent {...props} />
}

// コンポーネントとして切り替えを行う

const Counter = ({ method }: { method: string }) => {
  switch (method) {
    case "random":
      return <RandomCounterComponent />
    case "fib":
      return <FibCounterComponent />
    default:
      return <PlainCounterComponent />
  }
}

🙂 お好みで高階コンポーネント

個人的にはあまり読み味が好きではないが、記述量の多さが気になる場合は高階コンポーネントでComponentビルダーを作るのもありだろう。
それぞれの実装の分断を一切許したくないケースでも利用できるだろう。


const buildCounterComponent = (useMethodHooks: () => CounterHooksResult) => {
  return function BuildCounter() {
    const props = useMethodHooks()
    return <CounterComponent {...props} />
  }
}

const PlainCounterComponent = buildCounterComponent(usePlainCounter)

const RandomCounterComponent = buildCounterComponent(useRandomCounter)

const FibCounterComponent = buildCounterComponent(useFibCounter)
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます