🧨

Prisma2でDB Resetを無理やり行う

1 min read

Prisma2において、開発中にprisma db push --force --preview-featureを行うとmigrationを無視してDBを同期することができる。
これは開発中には便利だ。

しかし例えばすでにデータが入っていてrequiredなどの整合性が取れない変更の場合エラーが出てしまうことがある

datasource db {
  provider = "postgres"
  url      = env("DATABASE_URL")
}
generator client {
  provider = "prisma-client-js"
}

model User {
  id    Int     @id @default(autoincrement())
  email String  @unique
  name  String?
  // ↓必須の項目を追加
  someRequiredValue  String
}
$ prisma db push --force --preview-feature
Error:
⚠️ We found changes that cannot be executed:

  • Added the required column `someRequiredValue` to the `User` table without a default value. There are 1 rows in this table, it is not possible to execute this migration.

そして残念ながら現在DB Resetの機能はPrismaには無い。

仮想的なreset用スキーマで回避する

そこでリセット用のスキーマを別途用意することで回避できることを発見した。

例えばprisma/reset.prismaのように名前をつけて、下記のようなファイルを作成する

// prisma/reset.prisma
datasource db {
  provider = "postgres"
  url      = env("DATABASE_URL")
}
generator client {
  provider = "prisma-client-js"
}

model Reset {
  id        Int     @id @default(autoincrement())
}

これを--schemaパラメータを付与して実行する

$ prisma db push --preview-feature --force --schema=./prisma/reset.prisma

これでDBは他のテーブルが削除され、Resetテーブルだけが残る状態になる。
あとは再度$ prisma db push --force --preview-featureを行えば良い。

必要があれば下記のようにpackage.jsonに付与しても良いだろう

"scripts": {
  "db:reset": "prisma db push --preview-feature --force --schema=./prisma/reset.prisma; prisma db push --force --preview-feature"
}

Discussion

ログインするとコメントできます