next.jsのAPIを利用して画像proxyのAPIを作る

公開:2020/09/20
更新:2020/09/20
1 min読了の目安(約1100字TECH技術記事

この記事で紹介しているものはnext.jsで利用できる手法ではあるものの、利用するサービスによっては制限やポリシーが存在する場合があります。
Vercelで利用する場合はFair Use Policyを確認することをお勧めします。

CORSの回避などでちょこちょこ欲しくなるproxy機能。
netlifyの場合にはproxyでできたが、next.jsをその他の環境で使う場合はAPI機能部分を使うのが良さそうだった。

// /api/img.js
import axios from "axios"

export default async (req, res) => {
  try {
    const r = await axios.get(req.query.url, {
      responseType: "arraybuffer",
    })
    res.end(r.data)
  } catch (e) {
    res.end(500)
  }
}

これだけで出来るのでお手軽。

例えば拡張してリサイズ機能を入れたりヘッダも引き継ぎたい場合はこんな具合になる

import axios from "axios"
import sharp from "sharp"

export default async (req, res) => {
  try {
    const r = await axios.get(req.query.url, {
      responseType: "arraybuffer",
    })
    const buf = r.data
    // resize
    const item = await sharp(buf).resize(800).toBuffer()

    // headderを引継ぎ
    Object.entries(r.headers).map(([k, v]) => {
      res.setHeader(k, v)
    })
    res.end(item)
  } catch (e) {
    res.end(500)
  }
}