CloudRun + CloudSQLでHasuraとかPrismaとか使うときの設定のメモ

1 min読了の目安(約900字IDEAアイデア記事

記事作成日: 202/06/10

前提

まずCloudRunとCloudSQLの接続はunix_socketで行われる。
https://cloud.google.com/sql/docs/mysql/connect-run

prisma / hasuraはそれを指定すれば良いだけなのだが、それぞれパースがされないことなどがあり、困るケースがある。

また、今回はPostgreSQLの場合の例になる

prisma

Prismaの場合はちょっと注意が必要

postgres://user:password@localhost:5432/dbname?host=/cloudsql/PROJECT_ID:REGION:INSTANCE

ポイントはlocalhostの部分を省略せず記述すること。省略するとパースが壊れてうまく読み込まれない。

see

hasura

Hasuraの場合はPrismaほどハマらない。
HASURA_GRAPHQL_DATABASE_URLの変数に下記のように指定すれば良い

postgres://user:password@/dbname?host=/cloudsql/PROJECT_ID:REGION:INSTANCE 

see: