🦀

clapでサブコマンドを再利用する

2022/08/06に公開約3,900字

clap-verbosity-flagというログ出力を変更するフラグ(-v--debug)を再利用するcrateがRust CLI WGにあるのを見つけたので、そのアイデアを使ってみようという話です。

https://github.com/rust-cli/clap-verbosity-flag

clap-verbosity-flag crate

ほとんどのCLIアプリケーションはその出力を制御するフラグとして大まかに次のようなオプションを提供します:

  • -q (--quiet): ほとんどの情報を出さない
  • -v (--verbose): なるべく情報を出す
  • --debug: 可能な限り多くの情報を出す

Rustではライブラリはlog crateを通してユーザーに知らせるべき情報を表示させますが、CLIアプリケーションを書く際はこれをその重要度に応じてフィルターする事が常です。多くのプロジェクトではこのフィルターの設定を上記のフラグによって調整しています。この処理はいつでも同じなので、再利用できるはずです。

use clap::Parser;
use clap_verbosity_flag::Verbosity;

/// Foo
#[derive(Debug, Parser)]
struct Cli {
    #[clap(flatten)]
    verbose: Verbosity,
}

fn main() {
    let cli = Cli::parse();

    env_logger::Builder::new()
        .filter_level(cli.verbose.log_level_filter())
        .init();

    log::error!("Engines exploded");
    log::warn!("Engines smoking");
    log::info!("Engines exist");
    log::debug!("Engine temperature is 200 degrees");
    log::trace!("Engine subsection is 300 degrees");
}

これによってCLIにオプション引数が追加され、さらにその結果をVerbosity::log_level_filter関数で適切な引数に変換しています。

clap-vergen crate

CLIアプリケーションに問題がある時、それがいつのコードをどうやってコンパイルしたものかを調べる事が問題の解決への近道です。そのためにはアプリケーションにビルド時の情報を含めておく必要があります。それを行ってくれるのがvergen crateです:

https://github.com/rustyhorde/vergen

これはbuild.rs中でその時点の時刻やrustcやGitの情報を読み取ってcargo:rustc-envを使って以降のビルドプロセス中の環境変数に書き込みます。アプリケーションはそれをenv!を使って実行バイナリに埋め込みます。

埋め込まれた情報をCLIアプリケーションに表示させるには他の機能に混ぜ込むより独立したサブコマンドを用意するといいでしょう。この目的の為にversionサブコマンドを作るのがclap-vergenの目的です。

https://github.com/termoshtt/clap-vergen

clapのDerive APIを使って次のように書きます:

use clap::Parser;
use clap_vergen::Version;

#[derive(Debug, clap::Parser)]
enum Cli {
    Version(Version),
}

fn main() {
    match Cli::from_args() {
        Cli::Version(version) => {
            version.print().unwrap();
        }
    }
}

Cli enumに他のサブコマンドを作る想定です。これでversionサブコマンドが作られます:

$ ./target/debug/main version --help
main-version
Output detail version of executable

USAGE:
    main version [OPTIONS]

OPTIONS:
    -h, --help    Print help information
        --json    Output version info as JSON

現在は標準の出力方法とJSON出力がサポートされています:

$ ./target/debug/main version
Build Timestamp:     2022-08-06T08:16:05.843030928Z
Build Version:       0.1.0
Commit SHA:          f1af7e4b9fc58b7aa73b1e14a617d9a341a9880d
Commit Date:         2022-08-06T08:12:22Z
Commit Branch:       main
rustc Version:       1.63.0-beta.8
rustc Channel:       beta
rustc Host Triple:   x86_64-unknown-linux-gnu
rustc Commit SHA:    7410ebb8f69516d0034cc99793bc3dcbc84d4a9b
cargo Target Triple: x86_64-unknown-linux-gnu
cargo Profile:       debug
$ ./target/debug/main version --json
{
  "build_timestamp": "2022-08-06T08:16:05.843030928Z",
  "build_semver": "0.1.0",
  "rustc_channel": "beta",
  "rustc_commit_date": "2022-08-04",
  "rustc_commit_hash": "7410ebb8f69516d0034cc99793bc3dcbc84d4a9b",
  "rustc_host_triple": "x86_64-unknown-linux-gnu",
  "rustc_llvm_version": "14.0",
  "rustc_semver": "1.63.0-beta.8",
  "cargo_features": "default",
  "cargo_profile": "debug",
  "cargo_target_triple": "x86_64-unknown-linux-gnu",
  "git_branch": "main",
  "git_commit_timestamp": "2022-08-06T08:12:22Z",
  "git_semver": "0.1.0",
  "git_sha": "f1af7e4b9fc58b7aa73b1e14a617d9a341a9880d"
}

このようにアプリケーション側のコードではclap_vergen::Versionの定義を全く見ること無く、CLIオプションの生成とそれを受け取った後の処理まで実装できます。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます