📝

iPadからcodespacesを使ってzenn.devに記事をを公開してみる

1 min read

概要

zenn cliを用いたzenn.devの執筆体験がすごくよかったので、beta版を申請していたcodespacesを使ってzenn.devの記事を書いてみようという試みをしてみました。
あんまり何の意味があるかわかりませんが、せっかくなのでiPadでcodespacesを使ってやってみます。
codespacesについて

作業風景

iPadとキーボード

  • iPadとキーボードはこんな感じです。
  • US配列だと日本語と英語の切り替えが慣れないけどそれはiOSのお話

codespacesの画面

  • いつものテーマとvim拡張だけ入れればいつもどおり快適に使えます

プレビューも使えるよ

  • npxコマンドももちろん使えるし、package.json読んでてくれているのかnpx zennコマンドも使えるので、プレビューも見ながら作業できます。

感想

  • codespacesすごくいいかもしれない
  • 環境構築の差分で手間取るんですとかいうチームの救いになるかも?
  • 個人開発でどうしてもiPadで作業せねば!ってときは使える(そんなこと起きるのか?)
  • 今回は色物的に使ってみたけど個人開発では恒常的につかってみようとおもいます
  • zenn.devの執筆体験はすごくいいなぁ
  • (余談)iPadとキーボードの相性は頑張ってるんだろうけどまだまだ使いづらいと感じました

もしcodespacesに興味が湧いた方は2020年11月7日現在、beta申請が必要となるので申請してみてください。

Discussion

ログインするとコメントできます