🕌

AWS CLI(ver2)を使えるようにする

1 min read

だいぶ遅ればせなら、AWS関連を色々と触り始めた。
何かとAWS CLIを使うみたいなので、導入する。

スペック

  • OS:Mac OS Big Sur バージョン 11.3.1

インストール手順

AWS CLiの最新バージョンは2のようなので、2を入れる。
以下の手順通りに入れていく。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cli/latest/userguide/install-cliv2.html

インストール手順の「mac OS」を選択。

どうやら、インストールする方法としては、

  1. 公式サイトからパッケージをダウンロードしてインストール
  2. コマンドラインからインストール
    の2つの手順が選べるようだが、折角CLIを入れることだし、「2. コマンドラインからインストール」の手順で導入する。

AWS CLI の最新バージョンをインストールする場合、
以下のコマンドを打つ。

// curlでパッケージを落として
% curl "https://awscli.amazonaws.com/AWSCLIV2.pkg" -o "AWSCLIV2.pkg"
% Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 25.3M  100 25.3M    0     0  6639k      0  0:00:03  0:00:03 --:--:-- 6639k

// パッケージをインストール
~ % sudo installer -pkg AWSCLIV2.pkg -target /
Password:
installer: Package name is AWS Command Line Interface
installer: Installing at base path /
installer: The install was successful.

動作確認してみる

インストールできた!っぽいので、確認してみる。

~ % which aws
/usr/local/bin/aws
~ % aws --version
aws-cli/2.2.29 Python/3.8.8 Darwin/20.4.0 exe/x86_64 prompt/of

無事導入できたことを確認。

まとめ

まとめるような大したことはしていないが、簡単に導入できてよかった。
早速、色々AWS CLIを使って色々触っていきたい。

Discussion

ログインするとコメントできます