【3分でわかる】セッションの仕組みとは?

1 min読了の目安(約1100字TECH技術記事

この記事について

こんにちは、TECH I.S.編集部の金森と申します
本記事ではセッションの仕組みについてザックリと解説したいと思います
主にプログラミングを勉強を始めたばかりの方を対象として、本記事を執筆しております
本記事を通じて、難しいプログラミング学習の最初の一歩の手助けになりますとありがたいです

セッションってナンデスカ?

プログラマーの基礎知識であるセッションとは何でしょうか?

インターネットの図書館である、Wikipediaによると

計算機科学における特定のネットワーク接続において、セッション(英: session)とは、2台以上の通信機器間の、またはコンピュータとユーザ間 (ログインセッション(英語版)参照) の半永久的な双方向情報交換 (ダイアログ (dialogue)、会話、または会議とも) のことである。

うぅ〜んわからない...


※弊社チャンネル『TECH I.S.漫画』より引用

ログインからログアウトまでがセッション

セッションとはアクセスの開始から終了までの一連の通信のことです
セッションにおける重要なポイントは”一連”の通信であることです

たとえば、AさんはプログラミングスクールTECH I.S.のHPにアクセスしました
そして、そのサイト内で料金ページやお問い合わせなどの3ページを閲覧してページを閉じたとします

3ページ閲覧したものの、これは一連の通信の中で行われたものなので1回のセッションになります

例1:テックアイエスのHPをみたAさん
14:00 料金ページを閲覧
14:12 アクセスを閲覧
14:15 お問い合わせを閲覧

このようにセッションとは、ログインからログアウトまでの一連の流れのことを指します

より詳しく知りたい方は、Youtubeをチェック

YoutubeチャンネルTECH I.S.漫画に置いて、セッションについての動画を公開しました
よければこちらの動画をみて、参考にしていただけますと幸いです