🐬

[AWS]FSx for Windows File Serverのフェイルオーバーテスト実施方法

2022/11/06に公開約2,000字

事象

公式ドキュメントによるとスループット容量の変更時にコンソール、CLI、APIのリクエストの進行状況は確認できると書いている
だがしかし
FSx for Windows File Server(以下FSx)のフェイルオーバーが観測できない(フェイルオーバーのテストができない)

結論

TNCコマンドでFSxのエンドポイントを投げ続け応答を確認する

while ($true) {Date; TNC amznfsxXXXYYYZZZ.test-ad.local -Port 445; Start-Sleep -Second 60}

やり方

利用しているFSxのDNS名を確認

アタッチされているネットワークインターフェースを確認

個人環境のプライベートIPはそれぞれ下記だった

サブネット IP
優先サブネット 10.0.120.25
スタンバイサブネット 10.0.130.217

FSxのフェイルオーバー開始

スループット容量を変更し、フェイルオーバーを発生させる

観測

FSxのエンドポイントに対しTNCコマンドで接続確認

PS C:\Users\Administrator> while ($true) {Date; TNC amznfsxqzhulphd.test-ad.local -Port 445; Start-Sleep -Second 60}

結果一部抜粋
スタンバイのIPに接続しているのが分かる

ComputerName             : amznfsxqzhulphd.test-ad.local
RemoteAddress            : 10.0.130.217
ResolvedAddresses        : {10.0.130.217, 10.0.120.90}
PingSucceeded            : False
PingReplyDetails         :
TcpClientSocket          :
TcpTestSucceeded         : True
RemotePort               : 445
TraceRoute               :
Detailed                 : False
InterfaceAlias           : Ethernet 2

しばらく経つとFSxのスループット容量の変更が終わり、
優先のIPに接続している

ComputerName             : amznfsxqzhulphd.test-ad.local
RemoteAddress            : 10.0.120.90
ResolvedAddresses        : {10.0.120.90, 10.0.130.217}
PingSucceeded            : False
PingReplyDetails         :
TcpClientSocket          :
TcpTestSucceeded         : True
RemotePort               : 445
TraceRoute               :
Detailed                 : False
InterfaceAlias           : Ethernet 2

参考

AWS公式ドキュメント
https://docs.aws.amazon.com/fsx/latest/WindowsGuide/high-availability-multiAZ.html#MulitAZ-Failover

https://dev.classmethod.jp/articles/multiaz-fsx-for-windows-file-server-failover/

Discussion

ログインするとコメントできます