Zenn Tech Blog
🦡

GitHub Actions を使ってラベルで package.json の version を更新する

2023/02/13に公開

この記事について

みなさん、こんにちは。
”狸” か ”穴熊” なら、私は ”貉” 派。uttk です。

リリースローの構築って、すごく悩みますよね。自動化しつつ柔軟性も持たせるとなると、要件にもよりますが、大体は妥協する感じになると思います。

特にバージョニングのところが個人的に苦労していて、前々から色々と試していたんですが、今回、 チョットイイ 感じのバージョニングフローを構築ができたので、この場を借りて共有していこうかなと思います 💪

ちなみに、今回紹介するバージョニングフローは以下のリポジトリで活用しています 👇

https://github.com/zenn-dev/zenn-vscode-extension

バージョニングフローについて

今回作るバージョニングフローは以下のような感じになります 👇

今回実装するのは、上記のフローの中の GitHub Actionsが起動 の範囲の部分ですので、さっそく実装していきましょうー 🍛

イベント対象の設定

GitHub Actions の workflow ファイルを ./.github/workflows/update-release-version.yaml に実装していきます。

まずは workflow を発火させるための対象のブランチとイベントの種別を設定します。

今回は、対象ブランチを main にして、ラベルで workflow を動かしたいのでイベントの種別を labeledunlabeled に設定します 👇

/.github/workflows/update-release-version.yaml
+ name: ラベルに応じて package.json のバージョンを更新する
+ on:
+   pull_request:
+     branches:
+       - main
+     types:
+       - labeled
+       - unlabeled

ラベルが無ければエラーを吐くようにする

次に、ラベルの貼り忘れ防止のためにラベルが Pull Request に貼られていなければエラーを吐くようにします。on: の下に以下のように実装します 👇

/.github/workflows/update-release-version.yaml
 name: ラベルに応じて package.json のバージョンを更新する
 on:
   pull_request:
     branches:
       - main
     types:
       - labeled
       - unlabeled
+ jobs:
+   check_release_label:
+     runs-on: ubuntu-latest
+     steps:
+       - name: ラベルが無ければエラーを吐く
+         if: |
+           !contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:patch') &&
+           !contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:minor') &&
+           !contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:major')
+         run: |
+           echo "::error::リリースラベルを付与してください。labels: `release:patch`, `release:minor`, `release:major`"
+           exit 1

エラーを吐くようにする場合、分かりやすさのために echo "::error::{message}" で GitHub Actions のリザルト画面にエラーメッセージを出しておくといいと思います。

また、エラーメッセージの設定には他にもオプションがあるので、必要に応じて設定しておくといいかもです 👇

https://docs.github.com/ja/actions/using-workflows/workflow-commands-for-github-actions#setting-an-error-message

package.json の version 変更を取得する

次に、package.json の version の変更を取得する処理を実装します。
目的としては、package.json の version を更新するタスクの判定処理で使用するためです。

/.github/workflows/update-release-version.yaml
  # 省略
  jobs:
    check_release_label:
      # 省略
+   version_diff:
+    if: |
+      contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:patch') ||
+      contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:minor') ||
+      contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:major')
+    runs-on: ubuntu-latest
+    outputs:
+      chagned: ${{ steps.get_diff.outputs.changed }}
+    steps:
+      - uses: actions/checkout@v3
+
+      - name: マージ先を取得
+        run: git fetch origin ${{ github.base_ref }} --depth=1
+
+      - name: パージョンの変更を保持する
+        id: get_diff
+        run: echo "changed=$(git diff origin/${{ github.base_ref }} HEAD --relative "./package.json" | grep "^+.\+version" | wc -l)" >> $GITHUB_OUTPUT

処理内容としては、release:patchrelease:minorrelease:major のラベルが付いている時に、マージ先( 今回は main ブランチ )のコミットを取得し、git diff を用いて差分の行数を outputs.changed という変数に入れています。

変数定義の注意点として、::set-output::save-state など定義方法は 2023/06 から使用できなくなります[1]ので、$GITHUB_OUTPUT を使って定義する必要があります 👇

https://docs.github.com/ja/actions/using-jobs/defining-outputs-for-jobs

package.json の version を更新する

次に package.json の version を更新する処理を実装していきます 👇

/.github/workflows/update-release-version.yaml
  # 省略
  jobs:
    check_release_label:
      # 省略
   version_diff:
      # 省略
+  update_version:
+    runs-on: ubuntu-latest
+    needs: [version_diff]
+    if: needs.version_diff.outputs.chagned == '0'
+    steps:
+      - uses: actions/checkout@v3
+        with:
+          ref: ${{ github.event.pull_request.head.ref }}
+
+      - uses: actions/setup-node@v3
+        with:
+          node-version: 16
+
+      - name: Gitの設定
+        if: steps.diff.outputs.changed == '0'
+        run: |
+          git config --global user.name 'github-actions[bot]'
+          git config --global user.email 'github-actions[bot]@users.noreply.github.com'
+          git remote set-url origin https://github-actions:${GITHUB_TOKEN}@github.com/${GITHUB_REPOSITORY}
+        env:
+          GITHUB_TOKEN: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}
+
+      - name: バージョンの更新(patch)
+        if: contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:patch')
+        run: pnpm version --patch --no-git-tag-version
+
+      - name: バージョンの更新(minor)
+        if: contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:minor')
+        run: pnpm version --minor --no-git-tag-version
+
+      - name: バージョンの更新(major)
+        if: contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:major')
+        run: pnpm version --major --no-git-tag-version
+
+      - name: 変更を PR にプッシュする
+        run: |
+          git add .
+          git commit -m "v$(grep version package.json | awk -F \" '{print $4}')"
+          git push origin HEAD

コードが長ったらしいですが、やっていることはラベルに対応するバージョン更新コマンド( pnpm version )を実行してコミット& Pull Request のブランチに push しているだけです。

また、version_diff: で取得した outputs.changed を使用して、バージョンの変更が無い場合にのみ処理を実行するようにしています 👇

上記の実装から抜粋
if: steps.diff.outputs.changed == '0' # 変更がある場合は '1' 以上になる

これはラベルを付けなおした時などに二重にバージョンが更新されてしまうのを防ぐためです。

完成 ✨

以上で実装は完了です!
main ブランチ向けに Pull Request を作って、その Pull Request にラベルを付けて正しくバージョンが更新されたコミットが Pull Request に追加されていれば OK👌 です。

また、今回実装したソースコードの全体を以下に載せておきますので、ご確認ください 👇

/.github/workflows/update-release-version.yaml
name: ラベルに応じて package.json のバージョンを更新する
on:
  pull_request:
    branches:
      - main
    types:
      - labeled
      - unlabeled
jobs:
  check_release_label:
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - name: ラベルが無ければエラーを吐く
        if: |
          !contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:patch') &&
          !contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:minor') &&
          !contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:major')
        run: |
          echo "::error::リリースラベルを付与してください。labels: `release:patch`, `release:minor`, `release:major`"
          exit 1
  version_diff:
    if: |
      contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:patch') ||
      contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:minor') ||
      contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:major')
    runs-on: ubuntu-latest
    outputs:
      chagned: ${{ steps.get_diff.outputs.changed }}
    steps:
      - uses: actions/checkout@v3

      - name: マージ先を取得
        run: git fetch origin ${{ github.base_ref }} --depth=1

      - name: パージョンの変更を保持する
        id: get_diff
        run: echo "changed=$(git diff origin/${{ github.base_ref }} HEAD --relative "./package.json" | grep "^+.\+version" | wc -l)" >> $GITHUB_OUTPUT
  update_version:
    runs-on: ubuntu-latest
    needs: [version_diff]
    if: needs.version_diff.outputs.chagned == '0'
    steps:
      - uses: actions/checkout@v3
        with:
          ref: ${{ github.event.pull_request.head.ref }}

      - uses: actions/setup-node@v3
        with:
          node-version: 16

      - name: Gitの設定
        if: steps.diff.outputs.changed == '0'
        run: |
          git config --global user.name 'github-actions[bot]'
          git config --global user.email 'github-actions[bot]@users.noreply.github.com'
          git remote set-url origin https://github-actions:${GITHUB_TOKEN}@github.com/${GITHUB_REPOSITORY}
        env:
          GITHUB_TOKEN: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}

      - name: バージョンの更新(patch)
        if: contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:patch')
        run: pnpm version --patch --no-git-tag-version

      - name: バージョンの更新(minor)
        if: contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:minor')
        run: pnpm version --minor --no-git-tag-version

      - name: バージョンの更新(major)
        if: contains(github.event.pull_request.labels.*.name, 'release:major')
        run: pnpm version --major --no-git-tag-version

      - name: 変更を PR にプッシュする
        run: |
          git add .
          git commit -m "v$(grep version package.json | awk -F \" '{print $4}')"
          git push origin HEAD

あとがき

ここまで読んでくれてありがとうございます 🙏

今回の実装では、ラベルを付けなおした時の対応が自動化できてないので完全自動化とはいかないですが、リリース作業は慎重になるべきなので、ある程度は手作業する部分を残しておいてもいいかなと個人的に思っています。

ただもう少し改良の予知はあると思っているので、改良できたらまた紹介したいと思います 💪

記事に間違いなどがあれば、コメントなどで教えて頂けると嬉しいです。
これが誰かの参考になれば幸いです。

それではまた 👋

脚注
  1. https://github.blog/changelog/2022-10-11-github-actions-deprecating-save-state-and-set-output-commands/ ↩︎

GitHubで編集を提案
Zenn Tech Blog
Zenn Tech Blog

Discussion

ログインするとコメントできます