Chapter 02

シンプルなタスクばらし

てぃーびー
てぃーびー
2021.10.20に更新

シンプルなタスクばらしとは?

シンプルなタスクばらしとは、他者へ依頼するタスクや条件分岐や繰り返しのないタスクに関するタスクばらしです。

シンプルなタスクばらしをする方法

シンプルなタスクばらしで記載している内容は、このあとの Chapter でてくるすべての種類のタスク分割に共通します。

準備

タスクばらしを実施する前に、前提を整える必要があります。ゴールを明確にすることです。ゴールが曖昧では分割の終わりが判断できません。

分割

シンプルなタスクばらしは、タスクを細かなステップに分割していくことで実現します。どのくらいの大きさまで分割するかは個々人の好みがありますが、大きくても半日以内には収まるような単位まで細分化することをおすすめします。
経験済みの業務の場合は円滑に分割できると思いますが、未経験の業務など推測ベースで分割していくことが難しければ該当業務に詳しい同僚に助言をもらう、分割後にレビューをしてもらうとよいでしょう。

タスクと順序

タスクばらしする際に、順序に関する特性を気にする必要があります。

  • 順序がある
    • タスクの実施順が定まっている。言い換えるならが前後のタスクに依存関係があるケース
  • 順序がない
    • タスクの実施順を問わない。どの順で実施しても問題ないケース

順序性がある場合は、その順にタスクを並べましょう。

シンプルなタスクばらしの具体例

この「タスクばらし入門」の執筆をタスクばらしするとしたら

  • タスクばらしに関するインプットをする
  • タイトルを決める
  • 章立てを決める
  • 各章を執筆する - 1章の執筆
  • 各章を執筆する - 2章の執筆
  • 各章を執筆する - 3章の執筆
  • 各章を執筆する - 4章の執筆
  • 各章を執筆する - 5章の執筆
  • 各章を執筆する - 6章の執筆
  • 推敲する
  • 公開する

になります。

【実践】シンプルなタスクばらしの練習

シンプルなタスクばらしの練習手順をまとめます。

  1. 一定以上のサイズがある経験済みのタスクを選択する [1]
  2. 該当のタスクに対してタスクばらしを実施する
  3. 該当領域に詳しく、タスク管理が得意な同僚など第3者にばらしたタスクをレビューしてもらう
  4. レビューのフィードバックを元にリストを改善する
  5. 実際にばらしたタスクのリストに基づいて業務を実施する
  6. 想定外があれば、次回のタスクばらし時に改善する

この繰り返しでシンプルなタスクばらしになれていきましょう。

脚注
  1. 他者へ依頼、条件分岐、繰り返しのないタスクを選択しましょう ↩︎