Kibana+ElasticSearch+BeatsでRedis監視

3 min read読了の目安(約3300字

環境:RHEL7.6
バージョン: Elastic系統全て7.12.1

Redisの監視モニタをKibana+ElasticSearch+Beatsで作成してみました。
下記のような構成です。

以下が導入した手順です。(Redisは導入済み)

Kibana/ElasticSearchインストール

JDK11インストール

sudo yum install java-11-openjdk

リポジトリ追加

sudo vi /etc/yum.repos.d/elastic.repo
>[elastic]
>name=elastic repository for 7.x packages
>baseurl=https://artifacts.elastic.co/packages/7.x/yum
>gpgcheck=1
>gpgkey=https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
>enabled=0
>autorefresh=1
>type=rpm-md

インストール

sudo yum install --enablerepo=elastic kibana elasticsearch

Kibana接続設定変更

vi /etc/kibana/kibana.yml
# デフォルトではlocalhostからのアクセスしか許可していないため変更、0.0.0.0は全許可
>server.host: "0.0.0.0"

ElasticSearch接続設定変更

vi /etc/elasticsearch/elasticsearch.yml
# デフォルトではlocalhostからのアクセスしか許可していないため変更、0.0.0.0は全許可
>network.host: 0.0.0.0
>discovery.type: single-node

自動起動化

sudo /bin/systemctl daemon-reload
sudo /bin/systemctl enable kibana.service
sudo /bin/systemctl enable elasticsearch.service

Beats設定

JDK11インストール

sudo yum install java-11-openjdk

リポジトリ追加

sudo vi /etc/yum.repos.d/elastic.repo
>[elastic]
>name=elastic repository for 7.x packages
>baseurl=https://artifacts.elastic.co/packages/7.x/yum
>gpgcheck=1
>gpgkey=https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch
>enabled=0
>autorefresh=1
>type=rpm-md

インストール

今回はMetricbeatをインストール

sudo yum install --enablerepo=elastic metricbeat

Metricbeat設定

ElasticSearch接続先設定

sudo vi /etc/metricbeat/metricbeat.yml
# output.elasticsearchをデフォルトから接続したい情報に書き換える
>output.elasticsearch:
>  hosts: ["ElasticSearch導入マシンのIP:9200"]
# setup.kibanaをデフォルトから接続したいKibanaの情報に書き換える
>setup.kibana:
>  host: "kibana導入マシンのIP:5601"

redisモジュールの有効化

metricbeat modules enable redis

redisモジュールの設定

redisのポートや取得間隔を設定する。
今回は変更しない。

vi /etc/metricbeat/modules.d/redis.yml 

サンプルテンプレートの作成

設定に問題があればここでエラーが出る

metricbeat setup -e

Metricbeatsの起動

systemctl start metricbeat

Kibanaダッシュボードの作成

Kibana導入マシンのIP:5601へアクセス
下記画像の順にボタンをクリックして、パネル作成画面まで進む




連携ができていれば、パネル作成画面で左列のデータを中央へドラッグ&ドロップするとデータが表示される。
ドラッグ&ドロップ後、右上のsave and returnをクリックする

ダッシュボードに作成したパネルが追加されるので、ほしいパネルを作成していけば完成。

Redisモジュールで取れる情報