Redisインストール(Redis6,CentOS8)

公開:2021/02/18
更新:2021/02/18
1 min読了の目安(約1300字TECH技術記事

環境:CentOS8.2
Redis:6.0.10

最新版のダウンロードリンクはRedis公式を参照してください。

https://redis.io/download

必要パッケージのインストール

sudo yum group install "Development Tools"

Redisダウンロード

wget https://download.redis.io/releases/redis-6.0.10.tar.gz

ダウンロードしたファイルの展開

tar xzf redis-6.0.10.tar.gz

インストール

/home/azureuser/を展開先に置き換えて下さい。

cd /home/azureuser/redis-6.0.10
make

※以前make失敗したデータが残っていてmake失敗した場合は、distcleanを実施する。

make distclean

シンボリックリンクを張る

sudo ln -s /home/azureuser/redis-6.0.10/src/redis-server /usr/local/bin/redis-server
sudo ln -s /home/azureuser/redis-6.0.10/src/redis-cli /usr/local/bin/redis-cli

設定ファイルを書き換える

mkdir /etc/redis
cp /home/azureuser/redis-6.0.10/redis.conf /etc/redis/redis-6379.conf
vi /etc/redis/redis-6379.conf

変更内容

bind 127.0.0.1 -> bind 0.0.0.0 #接続元のIPの設定

今回の設定変更は最低限なので、実際に運用するのであればsaveなどの設定調整の必要があると思います。
公式ドキュメントによると、redis.confがドキュメントを兼ねているようです。
(結構色々と説明が記載されています。

https://redis.io/topics/config
日本語の情報だとこちらの記事が細かく乗っています。
https://qiita.com/ono-soic/items/ebebbf6b687437d3f75c

起動

redis-server /etc/redis/redis-6379.conf

起動確認、書き込み確認

redis-cli
set key1 value1
get key1

下記のような表示がでたらOKです。

[azureuser@redis ~]$ redis-cli
127.0.0.1:6379> set key1 value1
OK
127.0.0.1:6379> get key1
"value1"