🐳

ConoHa VPSで個人的な開発環境を構築② ubuntu20.04にDockerを導入してみる

2022/10/10に公開約2,700字

はじめに

個人的な開発環境をVPSでつくるの2回目です。

前回の内容はこちら、ConoHa VPSで個人的な開発環境を構築① まずはUbuntuでサーバーを立てる から。

今回の流れ

ここでの作業の流れは、docker docs(公式)を参考にしています。

公式サイトにあるとおりで、ほぼほぼ問題なかったので特筆すべきことはないと思いますが、忘備録としてまとめました。

サーバー環境

当方のサーバー環境はこちら。

  • VPS ConoHa
  • サーバースペック メモリ1GB, 2CORE, SSD 100GB
  • OS Ubuntu 20.04

Dockerを導入する流れ

①関連モジュールをインストール

まずはdocker本体のインストールに必要な関連モジュール(プログラム群)を入れておきます。基本は公式サイトにあるものからコピペすればOKかと。

サーバーにて
$ sudo apt-get install \
    apt-transport-https \
    ca-certificates \
    curl \
    gnupg-agent \
    software-properties-common

ちなみにここのバックスラッシュ()は、\ の前にスペースが入っていないとエラーになるので注意。バックスラッシュを使わず、そのまま横に並べて記述しても構いません。
改行して分かりやすくしている感じですね。

また、ここでインストールしようとしているアレコレは、以下のような内容です。

記述 何を意味するの?
apt-transport-https https通信用モジュール
ca-certificates 証明書関連モジュール
curl ファイルダウンロード等をする際に用いるコマンド
gnupg-agent デジタル署名を使用する際に必要
software-properties-common aptレポジトリの抽象化用に利用

コマンドを実行すると、ずらずら~っと処理状況が表示されますが焦らず見守りましょう。

②公式キーの取得

これもこのまま公式サイトからコピペ。
インストールに利用する認証用のキーって感じですかね。

サーバーにて
$ sudo mkdir -p /etc/apt/keyrings
$ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo gpg --dearmor -o /etc/apt/keyrings/docker.gpg

③レポジトリのセットアップ

ここも入力ミスがあると作業が進まないので要注意。
公式サイトからコマンドをコピペして実行するのが安心です。

サーバーにて
$echo \
  "deb [arch=$(dpkg --print-architecture) signed-by=/etc/apt/keyrings/docker.gpg] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
  $(lsb_release -cs) stable" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/docker.list > /dev/null

④Docker本体のインストール

ここでようやくdockerの本体をインストールします。
関連パッケージも入れている感じですね。

サーバーにて
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install docker-ce docker-ce-cli containerd.io docker-compose-plugin

ここでも処理状況がズラーっと表示されますが、焦らず待ちます。
これでインストール完了。

⑤Dockerの実行権限を変更する

インストール後、デフォルト設定のままだと、管理者以外実行できないということなので管理者以外でもdockerを使えるように以下コマンドを実行します。

サーバーにて
$ sudo usermod -aG docker $USER

設定後、以下コマンドで権限が付与されたことが確認できます。
※ここでは、gonbeというユーザーを利用しています

サーバーにて
$ groups gonbe
gonbe : gonbe sudo docker

許可されいている権限にdockerが入っていますね。

⑥起動設定など

一度ログアウトし、再度ログインして以下を確認します。

サーバーにて
$ docker --version

これでバージョンが表示されれば、正しくインストール&権限が付与されていることになります。

サーバーにて
# dockerを起動する場合は以下で
$ sudo systemctl start docker

# さらに自動起動をするように以下を設定
$ sudo systemctl enable docker

これでひとまず設定は完了です。

まとめ

以上、導入までの手順を追ってみました。
冒頭に書いたとおり、公式サイトにある記述どおりにコマンドを実行して、特にエラーもなかったので、まずは一安心。無事にDockerのインストールは完了したと思います。

このあとは、実際に取引先ごとに環境を作っていこうと思いますが、はてさて無事にいくでしょうか。

それではまた!

参考文献

Discussion

ログインするとコメントできます