🍰

11年前にCakePHPで作ったアプリをDockerで延命する

2022/07/07に公開約2,400字

この記事について

この記事では2011年6月20日にCakePHP(当時のバージョンは1.3.9)で作った複式簿記アプリをDockerで延命した手順について記録します。

おおまかな流れ

おおまかな流れを下記に示します。

  1. コーディングの準備
  2. ソースコードの作成
  3. ソースコードの変更
  4. コンテナイメージのビルド
  5. コンテナの起動
  6. 動作確認
  7. コンテナの停止

コーディングの準備

コーディングの準備をします。

touch 000-default.conf Dockerfile

ソースコードの作成

エディタで下記のファイルを開いて内容を入力します。

000-default.conf

<VirtualHost *:80>
  ServerAdmin webmaster@localhost
  DocumentRoot /var/www/html

  ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
  CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined

  <Directory /var/www/html>
    AllowOverride All
  </Directory>
</VirtualHost>

Dockerfile

FROM php:5.6-apache
RUN a2enmod rewrite
COPY 000-default.conf /etc/apache2/sites-available/000-default.conf
COPY . /var/www/html

ソースコードの変更

エディタで下記のファイルを開いて内容を変更します。

app/config/database.php

@@ -7,8 +7,8 @@ class DATABASE_CONFIG {
                'host' => '',
                'login' => '',
                'password' => '',
-               'database' => 'C:\\Users\\susukida\\Dropbox\\data\\kozukai.sqlite',
+               'database' => '/data/kozukai.sqlite',
                'encoding' => 'utf8'
        );
 }

app/webroot/index.php

@@ -50,7 +50,7 @@
  *
  */
        if (!defined('CAKE_CORE_INCLUDE_PATH')) {
-               define('CAKE_CORE_INCLUDE_PATH', 'C:' . DS . 'xampp' . DS . 'htdocs' . DS . 'kozukai');
+               define('CAKE_CORE_INCLUDE_PATH', ROOT);
        }
 
 /**

コンテナイメージのビルド

ターミナルで下記のコマンドを実行してコンテナイメージを作成します。

docker image build -t kozukai:latest .

コンテナの起動

docker container run -d \
  --rm \
  -p 3000:80 \
  --name kozukai \
  -v /Users/susukida/Dropbox/data:/data \
  kozukai:latest

動作確認

ブラウザで http://localhost:3000/ にアクセスします。

参考画像

コンテナの停止

docker container stop kozukai

おわりに

11年前の2011年6月1日にフリーランスのプログラマーになった頃、会計ソフトを買うお金も惜しくて当時人気だったCakePHPを使って複式簿記アプリを作成しましたが、まさか10年以上使い続けるとは思っていませんでした。さすがに今では市販の会計ソフトを使っていますが、個人の家計簿ではいまだにこの複式簿記アプリを使っています。

新しいPCを買った時にあまり使わないPHPを動かすためにXAMPPをインストールするのが嫌だったので必要な時だけDockerで動かせるようにしました。新しいアプリに移行するまではDockerで延命し続けようと思います。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます