🤔

Google App Script メモ (API関連の制限)

1 min read

GAS はすごいぞ!

Google App Script は無料でできることがかなり多く、使い方によっては単純作業を高効率化できます。
しかし、APIの呼び出し回数といった制限も存在するため、それを踏まえて運用していく必要があります。

アカウントの種類について

Googleアカウントは個人で誰もが作ることができるアカウントと、組織アカウントとしてG-suiteというものがあります。今回は前者のAPIの制限について記載したいと思います。

公式ドキュメント

Quotas for Google Services

割り当て値と制限値

項目 説明 制限or割り当て 内容
Script Runtime スクリプトの実行時間 制限 6分(1実行あたり)
Custom function runtime カスタム関数の実行時間 制限 30秒(1実行あたり)
Simultanceous executions 同時実行数 制限 30
Properties value size プロパティの値のサイズ 制限 9KB(1つの値あたり)
Properties total storage プロパティ全体のサイズ 制限 500KB
Properties read/write プロパティの読み書き回数 割り当て 50,000回(1日あたり)
Triggers トリガーの数 制限 20(ユーザまたはスクリプトあたり)
Triggers total runtime トリガーの合計実行時間 割り当て 90分(1日あたり)
URL Fetch response size URL Fetchしたレスポンスのサイズ 制限 50MB(1呼び出しあたり)
URL Fetch header size URL Fetchしたレスポンスヘッダーのサイズ 制限 8KB(1呼び出しあたり)
URL Fetch POST size URL FetchするときのPOSTデータのサイズ 制限 50MB(1呼び出しあたり)
URL Fetch URL length URL FetchするときのURLの長さ 制限 2KB(1呼び出しあたり)
URL Fetch calls URL Fetchの呼び出し回数 割り当て 20,000回(1日あたり)
Cache key length キャッシュのキーの長さ - 250文字
Cache data amount キャッシュの値のサイズ - 100KB(1キーあたり)
Cache expire time キャッシュの保持期間 - 600秒
Spread Sheet max cells スプレッドシートのセル数 - 5,000,000セル(1スプレッドシートあたり)
Spread Sheet max characters in cell セル内の文字数 - 50,000文字
Spread Sheet created スプレッドシートを作る数 割り当て 250回(1日あたり)

Discussion

ログインするとコメントできます