[無料] Web から読める最強の Golang 教材を紹介する

1 min read

この記事の対象者

  • Golang 公式チュートリアル をやったんだけどその後何をやって良いのか分からない
  • 実際に仕事で使うならテストは必須だけど、Go のテストの書き方が分からない
  • Go の理解を深めたい

TL;DR

Learn Go with Tests がおすすめ。
[英語版]

https://quii.gitbook.io/learn-go-with-tests/
[日本語版]
https://andmorefine.gitbook.io/learn-go-with-tests/

解説

Go は静的型付けの言語ですが、だからと言ってテストが不要ということには全くなりません。
テストは常に大事なものですし、 TDD のアプローチが有効なのも変わりません。

ただ、誰もが最初にお世話になるであろう 「A Tour of Go」には現在テストの項目はありません。
そのため、 Go のテストの書き方がイマイチ分からずにいたところ見つけたのが、 https://quii.gitbook.io/learn-go-with-tests/ でした。

Learn Go with Tests のここが良い

  • 徹底した TDD アプローチ
  • 実用的
  • 難易度が丁度いい
  • 日本語版もしっかりあります(英語版の更新に対応しているかは不明)

少し面倒くさく思えるかもしれませんが、徹底した TDD のアプローチを取っているのが印象良かったです。

  1. まずテストを書く(当然落ちる)
  2. コンパイルが通る最低限の実装をする(まだ落ちる)
  3. 実装する(通る)
  4. リファクタリング

という流れです。

Go のテストの書き方と一緒に文法を学び、手を動かしながらアプリを作りたい人には良いのではないでしょうか!
非常に良いコンテンツだったのでおすすめです😋