🔖

TypeScript + React のモダン ESLint 設定を爆速で済ませる

1 min read

毎回調べるのが面倒なので、まとめてみました。
前提は以下です。

  • TypeScript を使う
  • React アプリケーション
  • テストには Jest を使う
  • コードのフォーマットは prettier に任せる

こうしたら良いのでは

yarn add -D @typescript-eslint/parser @typescript-eslint/eslint-plugin prettier eslint-config-prettier eslint-plugin-jest eslint-plugin-react

そしてプロジェクト直下に .eslintrc.json を配置。

{
  "env": {
    "es2020": true,
    "jest/globals": true
  },
  "parser": "@typescript-eslint/parser",
  "parserOptions": {
    "project": "./tsconfig.json",
    "ecmaFeatures": {
      "jsx": true
    }
  },
  "plugins": [
    "react",
    "jest",
    "@typescript-eslint"
  ],
  "settings": {
    "react": {
      "version": "detect"
    }
  },
  "extends": [
    "eslint:recommended",
    "plugin:@typescript-eslint/eslint-recommended",
    "plugin:@typescript-eslint/recommended",
    "plugin:react/recommended",
    "plugin:jest/recommended",
    "prettier",
    "prettier/@typescript-eslint"
  ]
}

配列の並び順にはある程度意味がありますので、 prettier を先に書かないようにしましょう!

そして、スクリプトを追加

package.json
  "scripts": {
    //省略
    "fmt": "prettier --write ./src && eslint ./src"
  },

これで完成です。
あとはお好みでルールを調整していきましょう。

すごく簡単ですが、どなたかの役に立てば幸いです。
今回の記事は こちら のクラスメソッド様の記事を参考に自分なりにまとめたものです。いつも助かっております。本当にありがとうございます🙌

Discussion

ログインするとコメントできます