新人エンジニアが AWS Black Belt オンラインセミナー の魅力を語ってみた

公開:2020/10/10
更新:2020/10/10
2 min読了の目安(約2600字IDEAアイデア記事

はじめに

約3ヶ月間、それなりにボリュームのある新規開発で AWS周りをガッツリやらせてもらいました。

AWS や新規開発について学ぶことが多かったので何回かに分けてまとめてみたいと思います。
これから AWS をガッツリ使っていこうと思っている方の参考になれば幸いです。

バックナンバーはこちらからどうぞ!

今回はその第2回、 AWS Black Belt オンラインセミナー 編です🎉

AWS Black Belt オンラインセミナー とは?

AWS Black Belt Online Seminar シリーズは、製品・サービス別、ソリューション別、業種別のそれぞれのテーマに分かれて、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社が主催するオンラインセミナーシリーズです。

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/webinars/

bbimage.d6eb739a7f4118fefd5e38f44b3ad7065247c527.jpeg

何が良いのか?

YouTube でいつでも好きなように見られる

これはオンラインセミナーならでは。当然ですが、非常に助かります。

動画だからこそ難しいところは巻き戻してじっくり聞いても良し、必要なパートだけをサクッと確認するも良し。

公式情報であることの信頼性

オンライン記事も参考になることが非常に多いのですが、情報が古くなっていたり間違っていたりすることがあるのはご存知の通りです。

もちろん公式でも情報は古くなりますし、動画という特性上、ドキュメントと違ってアップデートがしにくいかと思います。
しかし信頼性に関してはかなり高いレベルで担保できるので、考慮するのが情報の新鮮度だけになります。

それに、動画の冒頭では必ず免責事項として 20xx年〇〇月〇〇日 時点の情報です、とアナウンスがありますのでそこだけ見ればOKです。

余談ですが、多少小難しい言い回しをされたとしても出来る限り最初から公式リソースを使って学習するのが結局効率良いと思っている派です🤔

体系的な情報

AWS もビジネスです。自分たちの製品を使ってもらおうというマーケティングの一部としてこのようなコンテンツを公開しています。
なのでそもそもの前提知識が抜けたまま進まないように配慮されていて、非常に体系的です。

大体基礎から始まり、最後の方はコストなど管理者向けの話になっていくことが多いように思います。

新しいサービスを学ぶ時にはまず王道を体系的に学んでみてからそれぞれのユースケースに応用してみてはいかがでしょうか?

分かりやすい説明

ブラックベルトとはすなわち黒帯なので、結構難しいんじゃないかという印象を持たれる方も多いと思います。
確かに後半は少し難しい話が出てくる場合も多いのですが、それも含めて非常に分かりやすく説明してくれています。

おそらく資料も発表の仕方も含めて分かりやすくなるようなノウハウが AWS 社内で共有されており、それに従って担当者の方が発表してくださっているんだと思います。
どの発表も分かりやすく、説明する人によっての質のバラつきが少ないのが印象的です。

「そもそもどうしてこのサービスが必要なのか?」というところから分かりやすく説明してくれますよ😊

頭の中にインデックスを作るのに最適

このように素晴らしいオンラインセミナーですが、デメリットもあります。
それは動画コンテンツなのでリファレンスとしては使えないということです。

なので役割分担としては必然的に、

  • オンラインんセミナーで頭の中にインデックスを作る
  • 開発を進める中での細かいことなどはドキュメントを見る

ということになると思います。

まずは頭の中にざっくりしたインデックスを作ってあとはとにかく実際に手を動かす というのは学習で非常に大切ですよね!!

先ほども述べたように体系的かつ割と網羅的なのでインデックスを作るのに適しているコンテンツだと思います

自分流 AWS 学習ステップをまとめてみた

学習方法は人それぞれに合ったものが1番ですが、参考になればということで偉そうに書いておきたいと思います😂

  1. AWS Black Belt オンラインセミナー をメモを取りながら1回見る(頭の中にインデックスを作るのが目的)
  2. そのサービスはどんな場合に有効なのか、よく使われるのか、ネット上の記事を見ながらざっくり把握
  3. AWS マネージドコンソールから そのサービスを使ってみて設定する必要のあるプロパティなどを見てみる(コード化しない)
  4. 実際に使う(ここからは基本公式ドキュメントを参照する)

という感じで大体いけるはずです。公式のチュートリアルが用意されているサービスも多いのでそちらもやってみても良いかもしれません😎

おわりに

AWS Black Belt オンラインセミナー のおかげで AWS の右も左も分からない状態から幅広いサービスを習得して実務で使えるまでになりました。
本当に良いコンテンツだと思いますので、新しい AWS サービスを学習する際には是非活用してみて下さいね!!