💊

コーダー1年目

2022/10/12に公開約4,600字

自己紹介

みなさま初めまして。
コーダーのたつと申します。

私はもともと生命保険会社に新卒で入社し営業をしていましたが、働き方や仕事へのやりがいを見出せず、1年半が経った時に退職しました。そしてその後、1年間別の会社で契約社員として働きながらWEB制作の学習を進め、現在のWEB制作会社に流れ着きました。

そんな現在社会人4年目の私ですが、コーダー1年目という節目を迎えるにあたって、1年前の実務未経験だった自分や新卒時の自分、大学時代の自分に知っておいてほしかったこと、考えてほしかったことをつらつら書いていきます。

コーダーとしてもそうなのですが、仕事や生活、そして自分自身の人生について考えている誰かの参考になればいいなと思いますし、私自身も初心を思い出せればいいなと思います。
私自身の考えなので賛否両論はあるかと思いますが、一つの考え方としてみていただければと思います!

①そもそも仕事の選び方って?

このテーマは新卒の時は結構軽く考えていたのですが、今思うとすごい重要だと感じています。
私が大学4年生の頃の就活の時期に考えていたことは、いかにネームバリューがあって福利厚生の良い会社に最速で内定を決めるかでした。仕事内容やそこで働く人間、社風などはあまり気にせず、いかに楽をしようかと考えていました。今思うと愚かで仕方がありません、、、。泣

もちろん、上記の同じ考えの人もいるかと思うので否定するつもりはないのですが、安易にこのような考え方に至るとまずいなって思います。

新卒で入った会社は、福利厚生もしっかりしていて私生活の方は全く困ることはありませんでしたが、一日の大半を占める仕事が全く面白いと感じませんでした。また、お金が十分手に入っても、心が全然満たされないことに気がつきました。
これは100%自分に責任があり、就活時に自己分析を怠って自分にあってない会社を選んでしまったことが原因です。

そこで考えたのが、そもそもなんのために仕事をするか、仕事ってなんなん?ってことです。

  • 仕事ってみんながしているからするのが普通なのか?
  • ただお金を稼ぐだけのために仕事をするのか?
  • 仕事をしたその先に何があるのか? etc...

私はこれらを1から見直すために1年半という歳月を費やしてしまいました。
こんな簡単に考えられることを大学生という時間が無限にある中で考えてこなかった自分は愚かだと今は感じてます、、、。大学時代の私、もうちょい頑張れただろう?頑張れよ!!!

結論

そもそも働くって行為自体、今の生活に不自由がなければ不要ものですが、
働くこと前提で考えると結論は至ってシンプルで、自分のためにする行為ということでした。
めちゃくちゃ当たり前なのですが、これが仕事選びの根幹にあると考えがスッキリします。

  • 自分のために楽しい仕事をして、人生や心を充実させる
  • 自分のためにお金を稼ぎ、好きなことをして楽しむ
  • 自分のために仕事で周りから認めてもらい、承認欲求を満たす etc...

自分は一人しかいないし、人生は一度きりだということを改めて考えると、脳死で働くより、自分のために働いた方が何事も頑張れるし、その後の決断や自分の幸せを他人に依存しない強い人間になれると私は考えるようになりました。

そこからの行動は早く、すぐに生命保険会社を辞め、自分の進みたい道、本当にやりたいことの方向へ歩みをスタートさせました。

②自分には何が向いているのか?

仕事を自分のためにやるにしても、自分にあっていないものを一生懸命やってても最大限に人生や心が満たされないと私は考えています。

では自分には何が向いているのかを考え出したら、、、、、キリがなく終わりが見えません。泣
そもそもこの世の中にはたくさん仕事がありますし、それって仕事なの?って感じの仕事もたくさんあります。

なのでこのテーマに関しては行動あるのみだと思います。
実際私がコーダーにたどり着くまでには相当時間がかかりました。

「もう一度扱う商材を変えて営業?」、「ガラリと変えてマーケティングなどは?」などと考えながら求人サイトを見ていたとき、たまたまエンジニア・コーダーという文字が目に止まりました。
実際にプロゲートや無料でコードに触れるものでコーダーを疑似体験してみたところ、自分の書いたコードがPCの画面に反映されるのに何故だか心が踊りました。
何故だか楽しいと感じたこの体験を仕事に繋げられないかと考えながら、契約社員で1年間工場で働きながら生活できるだけの資金は稼ぎ、その他の時間はコーダーになるための勉強に費やしました。

結構ありきたりな出会いで、ありきたりな物語ですが、この契約社員時代は人生を変える大きな転換期になりました。学習が思った通りに進まず苦戦したり、仕事が終わった後眠っちゃいそうな目を擦りながら気合いで勉強したり、、、、何かと辛いことがありましたが、WEB制作会社で働けてる今があるのは、当時の頑張りがあったからなのかなと思ったりもします。

まあそもそも大学生の時に真剣に人生や仕事について考え、頑張っとけばこのようなことにならなかったので、自業自得なのですが、、、笑
大学生の自分、もうちょい考える頭あったやろ、、、頑張れよ!(2回目)

③未経験からの入社の壁

これは、、、1番苦労した点かもしれません、、、。
実務も未経験で、しかも独学。こんなやつをとるより、新卒フレッシュな若者をとるやろうなあ〜って少し悲観的な時期もありました。
ですが、自分で楽しい仕事に就きたいと思い、進み始めた道なので、後戻りもできない、、、。

なので、副業という形でまずは実績づくりをしようと考えました。
twitterなどで発信している意識の高い未経験の方がよく副業で〇〇万受注しました!とかやってるのをみて、半分ばかにしながらもこれしかない!と思い、縋るような気持ちで始めたのを覚えています。笑

しかし、実際副業の駆け出しはそんなに甘いものではないし、ノウハウなんてないと思います。
自分のつながりをフルに使うか、お金を払ってまででも実績を積ませてくれる方を探すかなど、結構貪欲に自分から動いていかないと仕事なんてもらえません。実際に動いてみるとすんなり仕事を取れたって方もいらっしゃると思いますが、私は相当苦労したのを覚えています。

また、実際twitterで見つけたオンラインサロンに10万円くらいで入ってみたりしたのですが、未経験の私が選ぶサロンなんて今振り返るとググれば全部載っていることしか書いてなかったな〜と感じています。笑

いろいろごちゃごちゃ言ってきましたが、最終的に思うのは、副業するより転職活動を頑張って、ちゃんとした会社に入って教育を1から受けるのが1番自分の目標達成にはあってたかもしれません。

転職活動ももちろん簡単なことではないし、年収は未経験なのでそれなりの金額しかもらえないから辛いかもしれません、、、。
しかし、これから先何十年と働くと考えると、たった1年学習に費やしたって全然お釣りが来るくらいの財産になるだろうし、エンジニア・コーダーは一生勉強するものなので、それに耐えられなければ向いていないということになりますしね!

結論

目先の人生や心の充実、金銭的な自由を求めて未経験入社をすると、地獄を見るので、テーマ①でも話した通り、自分のために働くことを意識しながら、長い目でそれを実現していくことが大切であるなと感じています。

④実際にコーダーとして働いてみて

ようやくコーダーとしての道を歩み始めた1年前から現在ですが、環境ってとても大事だなと感じました。
ひとえに環境と言っても、

  • 一緒に働く人
  • 会社の場所(通勤する場合)
  • 制作環境(環境構築や使っている言語) etc...

などが考えられます。
その中で1番大切だと日々思っているのが、一緒に働く人だと感じています。
最近退職してしまった友人で同い年でもあるOさんがいたのですが、その方との出会いがとても自分のためにもなりましたし、さらにコーダー・エンジニアとしての楽しさに気づけました。

Oさんは元々Vue(Nuxt)を使用した開発の会社に3年間ほど勤務していた方で、知識と経験が豊富な方でした。それまで独学でずっとやってきた私にとっては、この機を逃すまい!といろんなことを教えていただきました。

Git(ブランチの切り方やコメントの仕方)、CSS設計、開発環境構築(DockerやGulpなど)、など数えきれないほどのことを教えていただき、4ヶ月ほど前からはjsやVueなどを使用した簡単なSPAやHPなどをともに作ってみたりと、休日なども一緒に活動してくれる、素晴らしい方でした。

そのようなことを経験していると、次第に自分の技術力も上がり、しまいにはフロントエンドエンジニアとしてWebアプリを開発してみたいという次なる目標にも出会うことができました!
自分一人では気づかなかったこと、達成には時間がかかるであったであろう目標も、優秀な方に出会ったりすると、こうもスピード感を持って実現できるんだなと実感しました。

結論

いかに自分の周りの環境を整えるか。運もあるかもしれませんが、その環境に出会えたのなら死んでも離さない。
そういうハングリーな精神もコーダー・エンジニアにも少しは必要なのかなと感じました。

⑤今後の働き方と目標は?

私も1年間コーダーとして活動をして、副業で出会った方と仲良くなって食事に行ったり、継続的に案件をもらえたり、会社でも少しは存在価値が出てきて、新卒の時に比べたら少しずつ心と人生が充実し、自分のために働けているのかなと感じます。

しかし、この程度の充実感で終わっていたら人生がもったいないですよね!
なので私はWEB開発の会社に転職することを決めました。すでに内定も出ており、入社時期も決まっています。

次はコーダーとしてではなくフロントエンドエンジニアとして活躍し、自分の掲げたあるべき生活・人生を実現していきたいと思います。
もちろん、未経験で拾ってくれた現在の会社にはとても感謝していますし名残惜しいですが、自分は一人しかいないし、人生を選ぶのは自分なので、感謝しつつこの先の人生も頑張っていきたいです。

また、更なる良い環境に出会えることに期待しつつも、自らの力でモダンな技術にキャッチアップしていくこともできるようにしていきます。

最後に

長くなりましたし、拙い文章力で読みにくかったかもしれませんが、私は自分のために、自分の生きたいように進んでいく方を尊敬してますし、そんな方とともに頑張っていきたいと思います!
そんな方と出会えたら嬉しいですし、勉強会とか雑談などもできたらと思いますので、気軽にtwitterでDMください。笑
twitter : tatata

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

Discussion

ログインするとコメントできます