🐍

JupyterLab 3.0の始め方(Windows/Pipenv)

4 min read

JupyterLab 3.0の始め方(Windows/Pipenv)

(2021年6月3日動作確認版)

以前作成した記事 では、JupyterLabでPythonの Language Server拡張機能 を利用するためにJupyterLab 2.2.9をインストールしていましたが、最近リリースされたJupyterLab 3.0系でもこの拡張機能を利用できましたので手順を残します。

動作確認できた環境の情報

Windows環境

  • Windows 10 Pro/Home 20H2 64bit
  • Python 3.9.5
  • pip 21.1.2
  • pipenv 2021.5.30
  • Node.js 14.15.3

JupyterLab起動環境

  • Python 3.8.7
  • JupyterLab 3.0.16
  • Jupyter-lsp 1.3.0
  • Jupyterlab-lsp 3.7.0
  • python-language-server 0.36.2 (2021年6月3日修正)下記のpython-lsp-serverをインストールするように変更
  • python-lsp-server 1.0.1
  • jupyterlab-git 0.30.1

用途ごとカーネル

  • Python(バージョンは任意)
  • ipykernel (バージョンは任意)
  • その他使いたいパッケージ(任意)

Node.jsのインストール

ダウンロード | Node.js

最新版を入れとけばOKです。

デフォルトのブラウザをChromeまたはFirefoxに

Chromiumベースの新Edgeは対応しているのか??(未検証)

フォルダ構成

この説明では以下のようなフォルダ構成に、JupyterLabと拡張機能をインストールするための仮想環境と、用途ごとに異なるパッケージをインストールしてJupyterカーネルとして利用するための仮想環境を作成します。

エクスプローラーや mkdir コマンドで下記のように jupyter とそのサブフォルダである lab,
kernels および、projects を作成してください。

jupyter
   ├── lab             (←ここにJupyterLabの仮想環境を作る/JupyterLabの起動はここから)
   │   
   ├── kernels
   │   ├─ kernel_1     (←ここにJupyterLabのカーネルとして利用する仮想環境を作る)
   │   ├─ kernel_2     (同上)
   │    …
   ├── projects
   │   ├─ project_1     (←ここにJupyterLabの分析プロジェクト-ノートブックやデータを保管する)
   │   ├─ project_2     (同上)
   │    …
   ├── launch_jupyterlab.bat  

launch_jupyter.bat はJupyterLabを起動するためのバッチファイルで、ショートカットをデスクトップに置いて使っています。内容は以下の通りです。

launch_jupyter.bat
cd .\lab
py -m pipenv run jupyter lab --notebook-dir=".."

バッチファイルが起動されると、lab に作成する仮想環境を使ってJupyterLabを jupyter から立ち上げます。

JupyterLabを起動する環境の作成

JupyterLabのインストール

\jupyter\lab に移動してPythonとJupyterLabをインストールします。
ここではPythonはバージョン 3.8、JupyterLabは 3.0.x を指定します。JupyterLabには基本機能の他にさまざまな拡張機能をインストールすることができます。ここではJupyterLabでLanguage Server Protocolを利用できるようになる拡張機能 jupyterlab-lsp をインストールします。※始めにNode.jsをインストールしたのはJupyterLabで各種拡張機能を使用するためです。

PS > cd jupyter\lab
PS jupyter\lab> py -m pipenv --python 3.8
PS jupyter\lab> py -m pipenv install 'jupyterlab>=3.0.0,<4.0.0a0' jupyterlab-lsp

krassowski/jupyterlab-lsp: Language Server Protocol integration for JupyterLab

次に python-lsp-server パッケージをインストールします。
[all] まで入力すること)

PS jupyter\lab> py -m pipenv install 'python-lsp-server[all]'

あとはお好みで拡張機能をインストールしてください。ここでは jupyterlab-git をインストールします。

PS jupyter\lab> py -m pipenv install jupyterlab-git

一度JupyterLabを起動します。下記コマンドまたは、前述の launch_jupyterlab.bat を実行してください。

PS jupyter\lab> py -m pipenv run jupyter lab

JupyterLabが起動したら拡張機能を Enable にして有効化します。

ここまで完了したら、JupyterLabを終了します。
JupyterLabの終了は、File→Logoutをクリックしてタブを閉じたのち、シェル側で Ctrl+C を行ってサーバをシャットダウンしてください。

カーネルとして利用する仮想環境の作成

用途ごとのカーネルを作成するためのフォルダに移動して仮想環境を作成します。ここで ipykernel は必須のパッケージです。

PS > cd jupyter\kernels\kernel_1
PS jupyter\kernels\kernel_1> py -m pipenv --python x.x
PS jupyter\kernels\kernel_1> py -m pipenv install ipykernel numpy pandas ...

次に作成した仮想環境をJupyterのカーネルとして利用できるように ipython kernel install コマンドを実行します。

PS jupyter\kernels\kernel_1> py -m pipenv run ipython kernel install --user --name=kernel_name --display-name=display_name

コマンドのオプションについては下記の通りです。

  • --user → 現在Windowsにログインしているユーザのみが利用できるようにするオプション
  • --name → システムが認識するためのカーネルの名前(任意の名前を指定)
  • --display-name → ユーザのために表示するためのカーネルの名前(任意の名前を指定)

このあと \jupyter\lab に移動してJupyterLabを起動すればカーネルとして選択できるようになっています。

インストール済みのカーネルをシェルから確認する場合は、このフォルダから、

PS jupyter\lab> py -m pipenv run jupyter kernelspec list

で一覧表示されます。

また、カーネルのアンインストールはこのフォルダから、

PS jupyter\lab> py -m pipenv run jupyter kernelspec uninstall kernel_name

と実行します。

Discussion

ログインするとコメントできます