💡

Flutter | Macでappbundleビルド後に自動的にaab / debug symbolファイルのあるディレクトリを開く

2022/05/22に公開約1,300字

Flutterで、appbundleをビルドするには、

https://docs.flutter.dev/deployment/android
から、flutter build appbundleを実行すればよい。その後、build/app/outputs/bundle/release/app-release.aabをPlay condoleにアップロードすることになるが、自動的にディレクトリを開くようにしたい。
build_appbundle.sh
#!/bin/sh

flutter build appbundle

open build/app/outputs/bundle/release

とすれば、自動的に開いてくれる。

ネイティブデバッグシンボルを手動でアップロードする場合、

https://zenn.dev/tardigrader/articles/86df1cc96baf06
に書いた通り、
native_debug_symbol_create.sh
#!/bin/sh

cd  build/app/intermediates/flutter/release
mkdir obj
cp -a arm64-v8a obj
cp -a x86_64 obj
cp -a armeabi-v7a obj
cd obj
rm -f .DS_Store
zip -r symbols.zip .

を実行して、build/app/intermediates/flutter/release/obj/symbols.zipをアップロードすれば良いため、objディレクトリを自動的に開きたい。

native_debug_symbol_create.sh
#!/bin/sh

cd  build/app/intermediates/flutter/release
mkdir obj
cp -a arm64-v8a obj
cp -a x86_64 obj
cp -a armeabi-v7a obj
cd obj
rm -f .DS_Store
zip -r symbols.zip .

open .

として、現在ディレクトリを表示するようにする。

上記まとめて、

build_appbundle.sh
#!/bin/sh

flutter build appbundle
open build/app/outputs/bundle/release

sh native_debug_symbol_create.sh

として、sh build_appbundle.shを実行すれば、appbundleをビルドしてaabファイルのあるディレクトリを開き、更にネイティブデバッグシンボルを作成して、そのディレクトリを表示することができる。

Discussion

ログインするとコメントできます