🦝

Cisco LoRaWAN Gatewayのファームウエアをアップグレードしてみる

2022/03/24に公開約3,700字

Cisco LoRaWAN Gateway (IXM)のファームウエアを v2.1.0.1から v2.3.0へアップグレードしてみる。

詳細は、公式を参照すること。

v2.0系からも、ほぼ同じ手順・・・だったはず。

ファームウエアのダウンロード

下記から該当のファームウエアをダウンロードする。

https://www.cisco.com/c/en/us/support/all-products.html

下記の様にlorawanと入力すると候補が表示される。

2つ表示されるが、どちらも同じリンクになっている。
Downloadsをクリックすると Wireless Gateway for LoRaWAN 868MHz and 915MHz のページに移動する。

2022年3月時点では最新版は 2.3.0 になっている。
ダウンロードアイコン(上図赤矢印)をクリックしてダウンロードする。

ダウンロードにはアカウントと権限が必要になる。
下記の表示が出たらログインしてからやり直す。

アカウントと権限については下記などを熟読する。

https://www.cisco.com/c/ja_jp/support/index.html

ファームウエアのアップグレード

まず、ファームウエアを GWにコピーする。

コピーせずにアップグレードする方法もあるが、トラブルが起きた場合の切り分けが面倒なのでここでは一旦コピーする。

ファイルサーバ等からコピーするには FTPか TFTPを使う。

サーバのOS標準のTFTPのセットアップは意外と面倒なので、tftpy が簡単でおすすめ。
ファームウエアが置いてあるディレクトリを指定して起動する。
下記は、ファームウエアが置いてあるディレクトリと起動するディレクトリが同じ場合。

% tftpy_server.py -r .

ファイルサーバ側でtftpyを起動したら、GWにログインして enableコマンドで特権モードにする。
GW# は、IXMのCLIのプロンプト。

下記、GWのIPアドレスを 10.0.0.7 としている。

% ssh 10.0.0.7
-------------------------------------------------

                  LPWA modem

               . : | : . : | : .
                   C I S C O

-------------------------------------------------
lora2017@10.0.0.7's password: 

Press RETURN to get started

su: using restricted shell

Press RETURN to get started

GW>enable 
Password: 
GW#

次に、copy コマンドを使ってコピーする。
下記は、ファームウエアのファイル名は ixm_mdm_i_k9-2.3.0.tar.gz で、ファイルサーバのIPアドレスが 10.0.0.1 の場合。

GW#copy tftp://10.0.0.1/ixm_mdm_i_k9-2.3.0.tar.gz flash:
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    : (省略)
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

Download 91956702 bytes took 00:05:09 [hh:mm:ss]
GW#

環境にもよるが真横に置いても数分かかる。

下記は、ファイルサーバ側のtftpyのログ。

% tftpy_server.py -r .
[2022-03-17 19:24:25,924] Server requested on ip 0.0.0.0, port 69
[2022-03-17 19:24:25,924] Starting receive loop...
[2022-03-17 19:32:45,747] Setting tidport to 36093
[2022-03-17 19:32:45,747] Dropping unsupported option 'timeout'
[2022-03-17 19:32:45,747] requested file is in the server root - good
[2022-03-17 19:32:45,747] Opening file /home/admin/image/ixm_mdm_i_k9-2.3.0.tar.gz for reading
[2022-03-17 19:32:45,748] Currently handling these sessions:
[2022-03-17 19:32:45,748]     10.0.0.7:36093 <tftpy.TftpStates.TftpStateExpectACK object at 0x106c89ca0>

コピーが終わるとプロンプトが表示される。
dir コマンドで確認してみる。

GW#dir
Directory of flash:/
    : (省略)
  -rw-    91956702  Mar 17 2022 19:37:53  ixm_mdm_i_k9-2.3.0.tar.gz

最後に、archive download-sw コマンドを使ってアップグレードする。

GW#archive download-sw firmware /normal /save-reload flash:/ixm_mdm_i_k9-2.
3.0.tar.gz
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    : (省略)
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

Copy 91956702 bytes took 00:00:01 [hh:mm:ss]
Validating archive...
Validation successful
Extracting images...
    : (省略)
133551+1 records out
68378221 bytes (65.2MB) copied, 5.394576 seconds, 12.1MB/s

System will reload in few seconds...
Reloading ...

Reloading ... と表示された後、接続が切れる。
切れた後、6-10分くらいで ping が通る様になる。
数分後、sshで入れることを確認する。

primary と backup のファームウエアを揃えるには、もう一度、同じコマンドを使ってアップグレードする。
これを twice upgradeと呼ぶ。
普通は揃える。

GW#archive download-sw firmware /normal /save-reload flash:/ixm_mdm_i_k9-2.3.0.tar.gz
    : (省略)

再度、sshで入れることを確認して完了。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます