🐕

Mac版SourceTreeでForce Push (強制プッシュ)を行えるように設定する

2022/04/15に公開約700字

はじめに

なぜかMac版で出来ないんですよね。これについて記載している記事が無かったので書きます。

そもそも強制プッシュとは

既にリモートリポジトリにコミットをプッシュしてしまったが、手戻りや修正が発生して、少し前のコミットから再修正してプッシュした場合、リモートリポジトリのリモートブランチは分岐してしまいます。しかしながら、修正後が正史(正しい修正)であっているのです。

その場合は、修正後のブランチを強制プッシュして上書きしてリモートブランチを1本化します。

もしこの記事を読んでいて、初めてforcepushを行う場合は現場の環境を壊すかもしれないので、念の為確認してもらうといいかもしれません。

もしくは自分の環境で上記状況を作ってforcePush練習してみてください。

設定方法

SourceTree>環境設定から以下の画面を開く

言語をEngilishに変更し、再起動
※Duckバー右クリックで終了してください。

英語版SourceTreeであれば設定できます。

SourceTree>Preferences>Advanced>Allow force pushを許可

先ほどの言語設定から日本語設定に変更すれば良いです。

これでpushする際に強制プッシュをチェックいれればOKです。

Discussion

ログインするとコメントできます