cronなんて直接編集しとうないんじゃ!(kde-config-cron)

1 min read

タイトルの通りです
Linuxでバッチ処理とかを定期実行したいときって

crontab -e

で設定ファイルを書き換えて〜が古き良き定番ですよね?
でも私これ苦手なんですよ混乱するし。

そこで、あまり話題にならないんですがGUIのフロントエンドがあるんですね。
それがこいつkde-config-cronです。

Imgur

なんで話題にならないかってこれKDEのシステム設定ツールに入ってて
それ以外のデスクトップ環境使ってると単独でインストールしても動かないし。
なんじゃこりゃってなるんですね。

なので布教も兼ねてこいつをKDE以外のデスクトップ環境(Ubuntu系)でも動かす方法を備忘録を兼ねて残します。

何はなくともインストール

基本的に使ってるディストリがKDEも選べるものならパッケージマネージャで入ります。
kde-config-cronだけじゃなくてkde-cli-toolsも一緒に入れましょう。

$ apt install -y kde-config-cron kde-cli-tools

起動!

$ kcmshell5 kcm_cron

これだけ🤭

KDEはKCMっていうシステム管理のIFがあるんですがそれをコマンドラインから呼び出すのがkcmshell5です。
kde-config-cronがシステム管理モジュールの一部なんでkcmshell5経由でkde-config-cronを呼び出せるんですね。

後はこんな感じで実行したいコマンドと実行タイミングをGUIでポチポチして適用すれば完了です。

Imgur
私が使ってるお昼休み1分前にポップアップ通知をするcron設定

コマンド絶対覚えられないので私はメニュー登録してます。

それでは良いLinuxライフをお過ごし下さい。

てっぺんぐらりん