🔎

vivaldiのバージョンアップが魅力的だったのでBraveから乗り換えた感想と私のブラウザ遍歴

3 min read

おはこんばんにちは

ブラウザはBrave派と言っていた私でしたが実は嘘です

かなり浮気してます

とりあえず今までのブラウザ遍歴を思い出しながら
Braveからvivaldiに移行した経緯を書いてみようと思います

IE → Sleipnir→ opera時代

インターネットが市民権を得だした時代ですね
IEはすぐに捨てましたがSleipnirは長いこと使ってました
作者がソース一式入ったPCを盗難されて開発不可能になった事件が懐かしい。。。
その事件でoperaに移ったのですがあまり満足していなくて常に次のブラウザを探していました

もうあまりに昔過ぎて記憶が定かではありませんがこの期間のどこかでネットスケープ使ってた時期も。。。

firefox → Waterfox or Pale Moon → chrome時代

Firefoxに出会ったことで
生者を探し求めて徘徊するゾンビのように
よりよいアドオンを探し求めていた時代です

自分に必要なものがすべて詰め込まれたオレオレブラウザに取り憑かれてましたが
Firefoxが血迷って大量にアドオンを切り捨てた時点でWaterfoxやPale Moonに
救いを求めた結果chromeに寝返り最終的にアドオンの呪縛から開放されだした時期です

私がLinux触りだしたのもこの時期らへんです

LinuxではMidori,Epiphany,Arora等を試した時期もありましたが
ここらへんは本格的に使う以前に安定性や機能的に不十分だったので
乗り換えるに至りませんでした。

vivaldi → Brave時代

浮気直前期です

もう最低限のアドオン以外捨てようと思いデファクトスタンダードである
Blinkを搭載していて最も必要としていたアドオンの広告除去機能が
ブラウザの機能として搭載されたものを探した結果
vivaldiとBraveの二択になりました

Google翻訳アドオンも手放せない。。。
こいつは開発元Googleだから信頼して入れてる

実は使い勝手の面でvivaldiが圧勝していたので当初はvivaldiを使っていたのですが
一番必要である広告除去機能に関してはBraveの方が優秀なのですよ
Braveなら表示されなかったのにな。。。って広告多いです
なので使い勝手の悪さとトレードオフした結果Braveに落ち着いていました

広告除去機能の優劣に関しては今でもそう思ってます

そしてvivaldiの時代へ

まさに現在です

vivaldiと別れBraveとの蜜月が始まって1年近くたった先日こんなアップデートをvivaldiが出してきました

https://vivaldi.com/ja/blog/vivaldi_4-0/

色々アップデート内容はありますが私がvivaldiに戻ろうと決心したアップデートが

  • Lingvanexのエンジンを利用する翻訳機能をデスクトップとAndroidに搭載
  • Vivaldiメール

の2点です

ここまでGoogle翻訳エンジンのみに頼りきっていた私にLingvanex翻訳エンジンというセカンドオピニオンを引き連れて私の前に現れたのです

最早これだけでも十分乗り換えるに値するアップデートでした

そこに加えてVivaldiメールです

私はブラウザで出来るならアプリは極力入れない派なので常にブラウザの1タブはGmailが専有していたのですがこの機能の登場のおかげでそのタブが消えるのです

ちなみに同じ理由でTwitterも開いてるのですが残念ながらBraveでは除去されていたプロモーション広告がvivaldiでは除去されません
ちょっと離れてる間に広告除去機能もっと優秀になってるかもと期待してたので少し残念。。。

いかに広告除去機能がBraveの方が優れていたとしてもこれだけの付加価値を追加されては移らざるをえない(まぁvivaldiの広告除去機能もある程度機能はしますし)

というのが正直な感想でした

というわけで早速乗り換えたのですが元々vivaldi使ってた経験もあったためすんなり終わりました

とりあえず何か翻訳して見ようと思い記事を書くときに思い出したwaterfoxのページの英文を一部訳してみました


原文
“In a week where we celebrate the best of the British technology industry, we speak to young developer Alex Kontos about building a successful web browser, a search engine that gives money to charity, Microsoft Edge and more.”

google
「英国のテクノロジー業界の最高峰を祝う1週間で、若い開発者のAlex Kontosに、成功するWebブラウザー、慈善団体にお金を与える検索エンジン、MicrosoftEdgeなどの構築について話します。」

Lingvanex
「英国のテクノロジー業界の最高を祝う1週間で、成功したWebブラウザーの構築、慈善団体、Microsoft Edgeなどに資金を提供する検索エンジンについて、若い開発者のAlex Kontosに話します。.」。

Microsoft Edgeなどに資金を提供する検索エンジン。。。🤔

ぼくのりかい
いぎりすのいべんとで
わかてのえんじにあのあれっくすさんが
いろんなぶらうざにまつわる
おはなしをします🙄


英語どころか日本語すら私の理解力と表現力がぶっ壊れてることは置いといて

これからはgoogle翻訳とLingvanex翻訳の2つの翻訳結果から推測という
二段構えが容易に出来るようになったおかげで
とにかく今よりは英文を読む作業がマシになりそうです

さて続いてメール機能ですが想定通り普通にGmailのアドレス追加して権限許可するだけで拍子抜けするほど簡単に使えました

メールのエイリアスとかGmail独自の機能に関しては流石にGmailの画面からじゃないと出来ないですがメール読んだり書いたりするだけなら十分です

というわけでBraveからvivaldiに出戻ったというお話でした。

しゃみしゃっきりー

P.S.

ちなみに前からあった機能なのですがタブのピン留め機能がvivaldiは優秀です

これ使うとサイトのアイコンだけになって左側にまとめられます

これだけならBraveの固定機能と変わらないんですがvivaldiの場合この状態になったタブは
閉じれなくなります

これの何がいいかってタブ開きすぎて一気に閉じたい時とかに誤って消えないのですよBraveはこのせいで何度泣かされたことか・・・

あとタブのスタッキングも便利です
これタブまとめるだけじゃなくタイリング出来るんですよ

こんな感じで

Imgur

頻繁に使う機能ではないですけど本番環境と検証環境のWEB画面を並べて差分確認したり複数記事の情報を1画面でまとめて確認したりとかに使うと捗ります

他にもマウスジェスチャとか色々あると捗る機能がデフォルトで付いてるので久しぶりに使うとあーやっぱ利便性はこっちのほうが上だよなぁ〜って思わされました(広告除去機能がもっと優秀なら。。。)

ここだけ読んだら元々vivaldiの方が断然良さそうやんて思うかもしれませんが
それだけ広告除去機能がBraveの方が優れてたんだよなぁ。。。

まぁ広告除去に関してはデフォルトの機能OFFにしてアドオン追加したらいいだけなんだけどね
アドオン周りは作者が急に変わってウィルス化って事件がたまに起きるから
あんまり開発元が信用できないのは入れたくないです

そこらへん気にしない人なら
vivaldi+アドブロッカープラグイン
は一つの完成形ではないかと勝手に思ってます。

私は使ってないから評価してないだけでBraveにはBittorrentクライアント機能やTorブラウザ機能みたいなvivaldiにはない機能も一杯あるので使う人が何を必要とするかで意見が別れるとは思う

Discussion

ログインするとコメントできます