🔰

BiqQueryを利用してセッション数を求める

2022/10/12に公開約2,300字

概要

  • BigQuery初心者向けに、Session数の求め方を、できるだけ再現可能なように説明する

想定読者

  • 基本的なSQLの記述ができる
  • BigQueryについてなんとなく知識がある
  • 普段GA4やFirebaseのダッシュボードを利用している

注意

  • テーブル名 は適宜読み替えてください
    • your_datasets.analytics_123456789.events_* 部分

基本の考え方

firebaseにおけるセッション数

セッション開始時に session_start イベントが落ちます。同時に

  • セッション ID(ga_session_id)
  • セッション番号(ga_session_number)

が生成されます。

GoogleAalytics4Firebase のダッシュボードは、 ga_session_id をベースにセッション数を算出しています。

ダッシュボードとBigQuery算出数値の乖離

ドキュメントにも記載がありますが、ダッシュボードとBigQueryで算出した数値で微妙に乖離があります。
月並みですが、分析や意思決定において混乱しないように、事前にどちらを利用するか決めておくのが良いと思います。

僕の環境では、BigQueryの値が少しだけ小さくなりました(-1.5%程度)。

BigQueryを利用してセッション数を求める

考え方

サブクエリを使って、集計しやすいテーブルを作成してから、集計を行います。

access_date sid
2022-09-01 hogehoge
2022-09-01 fugafuga
2022-09-02 abcdefghi
... ....
集計用のテーブル

SQL作成にあたってその他意識すること

  • ga_session_id ベースに集計
  • セッション数は日付(YYYY-MM-DD)レベルの集計で十分、DATE 関数を利用して、日付フォーマットに変化する
  • ドキュメントを参考に、ga_session_id ごとに集計
  • 他の集計などにも利用しやすいようにいくつか処理をまとめる

SQL

-- 計算範囲指定、BigQueryのテーブル形式に合わせて「YYYYMMDD形式」の文字列をつくる
-- WHERE部分で、「20220901」と直接指定しても良いが、
-- いくつも日付範囲を指定する場合は、関数として定義すると便利
CREATE TEMPORARY FUNCTION fromDate() AS (
  FORMAT_DATE('%Y%m%d', DATE('2022-09-01'))
);
CREATE TEMPORARY FUNCTION toDate() AS (
  FORMAT_DATE('%Y%m%d', DATE('2022-09-30'));
);

-- 集計用のsessionsテーブル作成
WITH sessions AS (
  SELECT
    DATE(TIMESTAMP_MICROS(event_timestamp), 'Asia/Tokyo') AS access_date,
    (
      SELECT
        value.int_value
      FROM
        UNNEST(event_params)
      WHERE
        key = 'ga_session_id'
    ) AS sid
  FROM
    -- BigQueryのデータは日付ごとに分かれているため、
    -- 複数日にまたがる検索をする場合は、ワイルドカードを使う
    `your_datasets.analytics_123456789.events_*`
  WHERE
    _TABLE_SUFFIX BETWEEN fromDate() AND toDate()
    AND event_name = 'session_start'
)

-- session数の集計
SELECT
  access_date
  , COUNT(DISTINCT sid) AS session_count
FROM sessions
GROUP BY access_date
ORDER BY access_date

参考

Discussion

ログインするとコメントできます