Kali Linuxを導入してみよう

3 min read読了の目安(約3300字

Kali Linuxを導入してみよう

注意事項

  • 本記事は、以前Qrunchで投稿していた記事を現在のKali Linuxのバージョンに合わせて修正したものとなります。

想定環境

  • ホストOS:macOS Big Sur v11.2.3
  • VirtualBox:6.1.18 r142142(Qt5.6.3)
  • Kali Linux:2021.1

※重要なのはVirtualBoxなので、VirtualBoxが動かせればホストOSの違いはほとんどありません。

早速導入

  1. 予めVirtualBoxを公式サイトからダウンロードし、インストールしておきます。
  2. Kali Linuxの公式サイトから、VirtualBox用のKali LinuxのImageファイルをダウンロードします。
    • Kali Linux Custom Image Downloads - Offensive Security
    • VMware版も同じページにあるので、間違えてVMWare版をダウンロードしないようにしましょう。
    • それなりに時間がかかるので、時間に余裕があるときに実施しましょう。
  3. VirtualBoxを起動し、「インポート」から2.でダウンロードしたKali LinuxのImageファイルのパスを指定します。
    • パスを指定したら、「続き」ボタンをクリックして、次の設定画面へ進みます。
  4. 仮想アプライアンスの設定で、仮想マシン名や割り当てるメモリ量などを修正します。
    • 設定が完了したら、「インポート」ボタンをクリックします。
  5. ソフトウェア使用許諾契約への同意画面が表示されるので、リンク先の内容を確認後、問題なければ「同意する」ボタンをクリックします。
  6. インポートが完了したら、下記のように4.で設定した仮想マシン名が表示されます。
  7. 6.の仮想マシン名をクリックして、起動させると、Kali Linuxのログイン画面が表示されます。
    • 初期設定ではkali/kaliでログインできます。

初回アップデート

  1. デスクトップ画面が表示されたら、左上にあるターミナルアイコンをクリックして、ターミナルを起動します。
  2. 次のコマンドを実行します。
    sudo apt update
    
    • 初めてsudoコマンドを実行すると、以下のように注意事項が表示されます。
  3. パスワードの入力が求められるので、先程のパスワードを入力します。
  4. 2.で入力したコマンドが完了したら、次のコマンドを実行します。
    sudo apt upgrade -y
    
    • yオプションは、コマンドの実行の過程でYes/No入力を求められた際に、自動でYesと回答させるオプションです。
    • それなりに時間がかかるので、時間に余裕があるときに実施しましょう。

日本語デスクトップ化

  1. 日本語化するために必要なパッケージをインストールします。
    sudo apt install task-japanese task-japanese-desktop -y
    
  2. 次のコマンドを実行します。
    sudo dpkg-reconfigure locales
    
    • 日本語環境にするために、「ja_JP.UTF-8 UTF-8」を有効化し、予め設定されている「en_US.UTF-8 UTF-8」を無効化します。
    • 有効/無効化のチェックはスペースキーで設定でき、カーソル移動は矢印キーでできます。
  3. 「ja_JP.UTF-8 UTF-8」を有効化し、「en_US.UTF-8 UTF-8」を無効化したら、エンターキーを押します。
    • 下記のような画面が表示されたら、「ja_JP.UTF-8 UTF-8」にカーソルを合わせ、エンターキーを押します。
  4. 自動で設定され、下記のような画面が表示されたら、1度再起動します。
  5. 再起動後、下記のような画面が表示されるので、「古い表示のままにする」を選択します。
    • 毎回問われるため、「次回から表示しない」にチェックを入れてから選択するのもありです。

タイムゾーン設定

  1. 次のコマンドを実行します。
    sudo dpkg-reconfigure tzdata
    
    • アジア > 東京の順に選んでいきます。
  2. 下記のような画面が表示されたら、少しだけ待つと、自動的に設定が反映されます。
    • 画像は設定反映後のものになります。

日本語(JIS)キーボード設定

  1. 次のコマンドを実行します。

    vi ~/.zshrc
    
  2. 開いた.zshrcファイルの末尾に、下記を追記して保存する。

    setxkbmap jp
    
    • アジア > 東京の順に選んでいきます。
  3. 次のコマンドを実行します。

    source ~/.zshrc
    
    • 以降、ログイン画面以外はJISキーボードで入力できます。