📚

AWS未経験からSAA合格した勉強時間と体験談

2022/08/24に公開約1,700字

はじめに

本記事は未経験でも SAA を取得したい方に向けて勉強時間や勉強方法を共有していきたいと思います。

前提として、私はエンジニアとして仕事をしていて基本情報の資格は持っている状態でした。
AWS は名前は知っている程度であり、インフラ構築を AWS で行えるようになりたいという思いから基礎的に知識が全般的に習得できる SAA の資格試験を受験しようと考えました。

今回は未経験者が勉強開始から合格までを約 2 ヶ月でどのように達成したのかをご紹介します。

AWS SAA 公式サイト

https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-solutions-architect-associate/

勉強開始(AWS に触れる)

まず AWS については未経験者であったので、簡単に AWS を使用してみて基礎的なサービスや知識に対して抵抗をなくせるようにしようと考えました。
色々調べた結果、Udemy の以下の講座を受講してみることに決めました。

https://www.udemy.com/course/aws-and-infra/

説明も分かりやすく実際に AWS で WordPress を動かせるになるところまで構築できるので、AWS を触ったことがない人にはおすすめです。
Udemy のセール期間であれば数千円で購入できるので費用も少なくて済みます。

こちらを半月で一通り講座を受講し、その後 SAA 用の勉強を開始しました。

SAA 対策開始(Web 問題集)

SAA 対策の勉強には AWS Web 問題集を利用しました。

https://aws.koiwaclub.com/

SAA の問題が 1 セクション 7 問形式になっていて全部で 163 セクションあるのでとても多くの対策ができます。

私はこれを 1 周、さらにセクション 80〜163 までを 2 周しました。
その後間違った問題を全て見直して全問正解するまで勉強しました。

SAA 対策の勉強は殆ど Web 問題集と言っていいほどこなしていきました。
163×7 問題あり解説もしっかりしてくれているのでこの問題集で得られる知識をしっかり理解することができ、資格試験に対策には十分かといった感想です。

これ行った期間はを 1 ヶ月強でした。
問題数が多いのでこの期間は多くの時間を SAA の勉強に割いていました。

受験準備(模擬試験)

残りの約 1 週間で本番同様の問題と解いていくようにしました。

Web 問題集には AWS 認定本試験モードというのがあり、本番の資格試験同様に 65 問 130 分で回答するようになっています。
こちらを 9 割以上取れるようになるのが良いかと思います。
130 分という時間制限もあるので本番の時間感覚に慣れておいたこともよかったと思います。

さらに、AWS 公式が提供している模擬試験もあるのでそちらも挑戦してみました。
※本番より少し難しめな印象がありました

模擬試験を実践する方法は以下のサイトが参考になります。

https://dev.classmethod.jp/articles/new-aws-official-practice-questions2/

受験当日

AWS の試験は初めてだったので緊張しましたが、
Web 問題集の問題レベルとさほど大差なく、似たような問題も出題されたので
焦ることなく回答することができました。
やり方としてはまず 1 周全て解いて2周目にじっくり考えながら見直しをするのがおすすめです。

ちなみに、私の結果は 813/1000 点で合格することができました。

まとめ

私の場合だと、AWS 全くの未経験から約 2 ヶ月で SAA 合格まで達成することができました。
様々な書籍や動画教材等を活用するのも1つの手段ですが、個人的な感想ですと
Web 問題集をやりこんで理解を深めていく方法が時間効率よく勉強できるのではないかと思います。

これから SAA を取得しようと考えて方の参考になれば幸いです。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます