Firebase 受託開発時の権限移譲について

1 min読了の目安(約900字TECH技術記事

はじめに

私はスマホアプリ開発にFlutter,Firebaseを利用しています。
現在、受託開発を行っていますがFirebaseの料金支払いについては発注者側が行います。

となると、発注者側でFirebaseを契約していただき、発注者側が契約したFirebaseを開発者が利用したいと考えます。

そこで、Firebaseの権限以上について調べました。

公式ドキュメント

上記ドキュメントより、手順を抜粋。

  1. Firebaseにログイン
  2. 設定から権限を選択
  3. 権限ページからメンバーを追加
  4. メンバーの役割を追加

ユーザーと権限ページからユーザーの追加

登録されたメールアドレスに招待メールが届きます。

登録作業を進めると、登録したメールアドレスでもFirebaseの編集や閲覧が可能になります。
2分程度の作業時間でユーザーの追加が可能になり、非常に簡単な印象でした。

ユーザーの権限

基本ロールとして、以下の3種類が用意されています。

  • 閲覧者  : 既存リソース、データにアクセス可能だが、変更は不可能
  • 編集者  : 閲覧者の権限+変更が可能。Firebaseのほぼ全てのリソースを作成・削除可能
  • オーナー : 編集者の権限+ロール管理、支払い、プロジェクトの削除

支払いを行うクライアントにオーナーとして契約してもらい、開発者は編集者として招待してもらうと作業がスムーズです。