GraalVMのNative Imageをインストールしてみた

1 min read

GraalVMのNative Image(native-imageコマンド)をインストールしてみました。
※ 後でQuarkusアプリのNative Imageを生成する時に使用するため

GraalVMのNative Imageのポイント

  • Javaコードを"Native Image"と呼ばれるスタンドアロンの実行可能ファイルに事前にコンパイルするテクノロジ
  • 結果として得られるプログラムは、JVMと比較して、起動時間が短く、実行時のメモリオーバーヘッドが低くなる

前提条件

  • Macを利用していること
  • GraalVMをインストールしていること

"GraalVMのNative Image"のインストール

GraalVM Updater(guコマンド)を確認

※ GraalVMのバージョンを確認し、必要であればPATHを修正

$ which gu
/Library/Java/JavaVirtualMachines/graalvm-ce-java17-21.3.0/Contents/Home/bin/gu

Native Image(native-imageコマンド)のインストールを実行

$ gu install native-image
Downloading: Release index file from oca.opensource.oracle.com
Downloading: Component catalog from www.graalvm.org
Processing Component: Native Image
Downloading: Component native-image: Native Image  from github.com
Installing new component: Native Image (org.graalvm.native-image, version 21.3.0)

Native Image(native-imageコマンド)を確認

$ which native-image
/Library/Java/JavaVirtualMachines/graalvm-ce-java17-21.3.0/Contents/Home/bin/native-image

https://www.graalvm.org/reference-manual/native-image/

Discussion

ログインするとコメントできます