💬

AlmaLinux8でneologdを入れるまで

2022/05/07に公開約800字

概要

表題の通り
PC移行する際に、CentOS7から新たなdistributionに移った。WSLでAlmaLinuxがあったので選んだのだが、mecabのinstallで詰まったので備忘録。

手順

  1. rpmのrepository追加
  2. mecab/mecab-ipadic/mecab-develを追加
  3. neologdを入れる

rpmのrepository追加

mecab/mecab-ipadicはAlma Linuxのappstreamにあるのだが、neologdをinstallする際に、mecab-develが依存対象となるために追加する必要がある。

MeCabの公式repoはないので、groongnaと呼ばれる全文検索エンジンのOSSが用意してくれているものを追加。
これ↓

https://packages.groonga.org/almalinux/8/groonga-release-latest.noarch.rpm

他のdistributionものもあったのでよしなに合わせるとよさそう。

最初はRHEL系だからといってcentosのものを利用して、詰まっていた。
ここらへんはdistributionごとの違いがどう影響するのかをあまりよく知らないので、いいと思っていたが学びなおしが必要そう。

mecab/mecab-ipadic/mecab-develを追加

これはdnfなり、yumなりで追加すればよい。

neologdを入れる

https://github.com/neologd/mecab-ipadic-neologd#how-to-installupdate-mecab-ipadic-neologd

入れる

よしなにシンボリックリンクだのを張る必要はありそうだけど、mecab動かしたときにそれはわかるのでよしなに。

Discussion

ログインするとコメントできます