💪

Bicep をlocal buildする

2022/03/05に公開約3,800字

普通にBicep の最新ビルドを使う場合、bicepのレポジトリ の、GitHub ActionのArtifactsからダウンロードする。この説明は、このあたりにある。Installing the "Nightly" build of Bicep CLI and VS Code extension

Nightly buildでも、新しいAPIの追加が反映されるまで結構時間がかかる。最新のAPIに追従したい場合は、自分でビルドする必要がある。それほど面倒ではないが、幾つか手順があるので、メモとしてここに残しておく。

適時環境を用意する。ubuntuがお勧め(WSL2でも可)で、nodeと.net 6を入れておく。

大筋の流れは、下記のようになる。

  1. azure rest api specs を取得
  2. bicep-types-azをビルド
  3. bicepをビルド

1. api specs 編

まずは、Azure/azure-rest-api-specs を適当なディレクトリにクローンして欲しいブランチへ切り替え、環境変数に場所をセットする。

git clone git@github.com:Azure/azure-rest-api-specs.git
cd azure-rest-api-specs
export AZURE_REST_API_SPECS=`pwd`

2. Azure/bicep-types-az 編

次に、Azure/bicep-types-az を適当なディレクトリにクローンしてビルドする。ローカルビルドの手順は、このあたりに記載がある。手順は概ね下記のような感じ。

git clone

git clone git@github.com:Azure/bicep-types-az.git
cd bicep-types-az

初期設定

初回のビルド時にはツールを入れる。

  1. autorest extension code をビルドする
cd src/autorest.bicep
npm ci
npm run build
  1. generator directory に移動して dependencies をインストールする
cd ../../src/generator
npm ci

コード生成する

specs repo 全体で、generation を実行。手元では、400秒ほど掛かった、結構時間がかかる。

npm run generate -- --specs-dir $AZURE_REST_API_SPECS

3. bicep 編

最後に、Azure/bicep を適当なディレクトリにクローンする。

git clone git@github.com:Azure/bicep.git
cd bicep

プロジェクトの参照に変更

src/Bicep.Core/Bicep.Core.csproj を修正して、Azure/bicep-types-az を指すようにする。

<!--
  <PackageReference Include="Azure.Bicep.Types" Version="0.1.400" />
  <PackageReference Include="Azure.Bicep.Types.Az" Version="0.1.400" />
-->
  <ProjectReference Include="../../../bicep-types-az/src/Bicep.Types/Bicep.Types.csproj" />
  <ProjectReference Include="../../../bicep-types-az/src/Bicep.Types.Az/Bicep.Types.Az.csproj" />

ビルドする

bicep cliが欲しい場合は、./src/Bicep.Cli/Bicep.Cli.csproj をビルドする。VS Code拡張が欲しい場合は、./src/Bicep.LangServer/Bicep.LangServer.csproj をビルドして結果を、./src/vscode-bicep/bicepLanguageServer/ してから、src/vscode-bicep で、npm run package する。

普段は、ビルド用に作った下記のようなMakefileを使っている。ビルドしたファイルは、PATHが切れたディレクトリに適時コピーして使うことになる。

$ cat Makefile
build: build-vscode-extension
#        dotnet publish --configuration ubuntu-latest --self-contained true -p:PublishTrimmed=true -p:PublishSingleFile=true -r linux-x64 ./src/Bicep.Cli/Bicep.Cli.csproj
        dotnet publish --configuration ubuntu-latest --self-contained true -p:PublishTrimmed=true -p:PublishSingleFile=true -p:TrimmerDefaultAction=copyused -p:SuppressTrimAnalysisWarnings=true -r linux-x64 ./src/Bicep.Cli/Bicep.Cli.csproj


build-language-server:
        dotnet publish --configuration release ./src/Bicep.LangServer/Bicep.LangServer.csproj

install: build
        cp -f ./src/Bicep.Cli/bin/ubuntu-latest/net6.0/linux-x64/publish/* ~/.local/bin
        cp src/vscode-bicep/vscode-bicep.vsix ~/.local/tmp

baseline:
        dotnet test --filter "TestCategory=Baseline" -- 'TestRunParameters.Parameter(name="SetBaseLine", value="true")'

# Running the Bicep VSCode extension
# https://github.com/Azure/bicep/blob/main/CONTRIBUTING.md#running-the-bicep-vscode-extension

build-vscode-extension: build-language-server
        mkdir -p ./src/vscode-bicep/bicepLanguageServer/
        \cp -f -R ./src/Bicep.LangServer/bin/release/net6.0/publish/* ./src/vscode-bicep/bicepLanguageServer/
        cd src/vscode-bicep; npm i; npm run package

こんな感じでビルドできる。az cli で使うbicepは別ディレクトリに入るので、適当にリンクを貼るなどの工夫が必要になる。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます