🤧

GitLabで急なPermission deniedエラーの解決方法【今までできてたのに】

1 min read

GitLabで今まで通りpushしようとしたら、急にエラーが出て戸惑いました。
この記事では、今まで問題なくGitLabを使用できていたのに、以下のようなエラーが出た場合の対処法をお伝えします。

検索しても、SSHをなにも設定していない人向けの記事しかヒットせず、「いや、さっきまで問題なく使えてたんだけど…」という人向けの記事がなかったのでメモも兼ねて。

Please make sure you have the correct access rights and the repository exists.
Permission denied (publickey,keyboard-interactive).
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.

解決方法

SSH関連をなにも変更していないのであれば、ssh-agentに秘密鍵を登録します。
SSHを作り直す必要はありません。

以前にも同様の手順で解決したことがあるのですが、なにかがきっかけでこのssh-agentの登録が外れてしまい、その度に以下の手順で登録し直しています。

ssh-agentを確認

$ ssh-add -l
Could not open a connection to your authentication agent.

このように表示されたら、ssh-agentが起動していません。
起動しましょう。

$ eval `ssh-agent`
Agent pid ○○○

登録状態を確認します。

$ ssh-add -l

秘密鍵を登録します。あなたの秘密鍵名に置き換えてください。

$ ssh-add ~/.ssh/id_rsa
Identity added: /Users/username/.ssh/id_rsa(your@email)

以上です。
gitコマンドで、接続を確認してください。

Discussion

ログインするとコメントできます