⌨️

終売になった1uトラックボールモジュールの代替品を自作キーボードキットに使ってみた所感など

2022/05/21に公開約2,900字

ということで、代替品になりえそうなトラックボールのブレークアウトボードを探し、候補に上がったのがPimoroni PIM447。

miniZoneのRev5にて搭載できるようにしたので、設計や使い心地などをまとめておきたいと思います。

Pimoroni PIM447

下記のリンクから購入できます。

使用感

データシートの記載をすると

The trackball module itself has a tiny cylinder magnet at each corner that spins and is
read by one of four Hall-effect sensors.
トラックボール・モジュールの各角には小さな円柱状の磁石があり、これが回転することで
4つのホール効果センサーのうちの1つによって読み取られます。

7mmオプティカルトラックボールモジュール1uタイプとはセンサーの仕組みが異なるようです。
使い心地の良し悪しは個人の好みになりそうです。
トラックボールを転がした感触はちょっとザラザラする感じ。

PIM447が優れている点としては、

  • トラックボールの押し込みでクリック入力ができる
  • トラックボールモジュール自体が光る(らしい)

ところが挙げられます。

フットプリント


miniZoneで利用したものをこちらに置いておきました。
寸法などは頑張って再現しましたが、公式のものではないので、不都合は負いかねます。

ピンソケットはこちらのものを利用すると良いかと思います。

https://www.hirosugi-net.co.jp/shop/g/g24082/

回路図


miniZoneで利用したものをこちらに置いておきました。
4番のINTが何に使われるかが未だによく分かっていません。
回路を繋がなくて動いていますね。

こちらも使用は自由ですが、フットプリント同様に不都合は負いかねます。

ファームウェア

QMK FirmwareのドキュメントにもあるようにRules.mkに

POINTING_DEVICE_DRIVER = pimoroni_trackball

を記載してビルドすればトラックボールの入力が取れます。

とりあえず、動かすだけ…というレベルの話ですが、このあたり手軽に始められるのは良い点ですね。

ファームウェアは改造しがいがありそうです。

私はこんな感じで書きました。

PIM447は1uトラックボールモジュールの置き換えとなるか?

大きい観点で言えば、YES。
同様のサイズでは選択肢がPIM447以外にないので、同じことをしようと思ったら頼るしかない。

自作キーボードの設計の観点で言えば、QMK Firmwareが公式にサポートしていることと組み立ての際の手順の少なさという点では1uトラックボールモジュールよりシンプルなのがありがたい。
全体的な扱いやすさというところで言えば、アドバンテージがある。

一方で、センサーの種類の違いから1uトラックボールモジュールと近い使用感を出すとなるとファームウェアをどれだけ工夫できるかにかかってくるかな〜と。

Discussion

ログインするとコメントできます