Open

Hugo

4

下書き状態で記事を書く

テンプレートによるのかもしれないが、まずは記事の Front matter で draft フィールドを true にしておく。

draft: false
date: "2021-01-16T08:57:09+00:00"
title: "Testing Expo apps with Jest in TypeScript"
...

このままだとローカルのサーバで確認するときも表示されなくなるので、下書き状態の記事もレンダリングするように設定してサーバを起動する。

$ hugo server --watch --buildDrafts

ローカルかどうかの判定

ローカルで表示しているときは Google Analytics とか一部機能をオフにしたい。

まず、BaseURL に "localhost" が含まれるかどうかで判定する方法がある。[1] これが一番手軽そうなので採用。

{{ if not (in (.Site.BaseURL | string) "localhost") }}
  ...
{{ end }}

あとは、config.toml を分けるという手も紹介されていたが、こちらは共通部分の config を読み込む機能とかないと管理が面倒くさそう(試していない)[2]

脚注
  1. Hugo website on localhost or not? · Kodify ↩︎

  2. https://discourse.gohugo.io/t/how-to-check-if-the-site-is-on-localhost/1490/14 ↩︎

Hugo の Syntax Highlight をオフにする

どのバージョンからなのかは分からないが、Code Fence の中身を Syntax Highlight してくれるようになっていた。[1] ありがたいのだが、もともと highlight.js を使っていて、特に不満はないのでオフにする。

[markup]
  [markup.highlight]
    codeFences = false
脚注
  1. Syntax Highlighting | Hugo ↩︎

ログインするとコメントできます