モノレポで複数パッケージを管理するときの tsconfig

1 min read読了の目安(約1200字

モノレポで複数パッケージを管理する場合、tsconfig の extends を使って設定を共通化したい。babel のリポジトリが参考になる。

まずはトップレベルに、共通設定をまとめた tsconfig.base.json を置く。この tsconfig も @tsconfig から適切なものを継承することになるだろう。

tsconfig.base.json
{
  "extends": "@tsconfig/node12/tsconfig.json",
  "compilerOptions": {
    "esModuleInterop": true,
    "sourceMap": true,
    "lib": ["es2019", "es2020.promise", "es2020.bigint", "es2020.string", "dom"]
  }
}

ここで注意したいのは、ファイルパスの扱いだ。TSConfig リファレンス によると、

All relative paths found in the configuration file will be resolved relative to the configuration file they originated in.

とあり、例えば、tsconfig.base.jsoncompilerOptions.outDir が設定されている、とする。

tsconfig.base.json
{
  "compilerOptions": {
    "outDir": "dist",
    ...
  },
  ...
}

この場合、tsconfig.base.json と同じディレクトリにある dist ディレクトリが設定される。これは期待している結果ではないはずなので、ファイルパスの設定は各パッケージごとの tsconfig.json で指定するのがいいだろう。

tsconfig.json
{
  "extends": "../../tsconfig.base.json",
  "compilerOptions": {
    "outDir": "dist",
    "typeRoots": ["./node_modules/@types"]
  },
  "exclude": ["node_modules", "**/*.spec.ts"]
}