😊

Clap の Derive API で列挙型のコマンドラインオプションを実装する

2022/04/17に公開約5,200字

Clap v3Derive APIArgEnum を使うと、列挙型 (Enum) のコマンドラインオプションを簡単に実装することができる(ソースコード)。

use clap::Parser;

#[derive(Debug, Clone, clap::ArgEnum)]
enum Level {
    Debug,
    Info,
    Warning,
    Error,
}

#[derive(clap::Parser)]
struct Args {
    #[clap(arg_enum, long = "level")]
    level: Level,
}

fn main() {
    let args = Args::parse();
    println!("level = {:?}", args.level);
}

このプログラムを実行すると、level オプションを受けつけ、取りうる値も正しく出力できることが分かる。

$ cargo run --bin example-1 -- -h
    Finished dev [unoptimized + debuginfo] target(s) in 0.02s
     Running `target/debug/example-1 -h`
example-rust-clap-compound-arg-enum 

USAGE:
    example-1 --level <LEVEL>

OPTIONS:
    -h, --help             Print help information
        --level <LEVEL>    [possible values: debug, info, warning, error]

しかし、clap::ArgEnum を derive する方法には制限もあり、Enum の要素に構造体を持たせたりすることはできない。

コマンドラインオプションの Enum にデータを持たせる

たとえば上記の例で、コマンドラインオプションで --level error なら Level::Error.panic=false, --level error-panic なら Level::Error.panic=true にしたいとしよう。まずは、Level::Errorpanic フィールドを追加してみる(ソースコード

#[derive(Debug, Clone, clap::ArgEnum)]
enum Level {
    Debug,
    Info,
    Warning,
    Error { panic: bool },
}

しかし、これはコンパイルできず、エラーになる。

error: `#[derive(ArgEnum)]` only supports non-unit variants, unless they are skipped
 --> src/bin/example-1.rs:8:5
  |
8 |     Error { panic: bool },
  |     ^^^^^

この場合、derive マクロで clap::ArgEnum を実装できないので、自前で実装する必要がある(ソースコード)。

const LEVEL_VALUE_VARIANTS: [Level; 5] = [
    Level::Debug,
    Level::Info,
    Level::Warning,
    Level::Error { panic: false },
    Level::Error { panic: true },
];

impl clap::ArgEnum for Level {
    fn value_variants<'a>() -> &'a [Self] {
        &LEVEL_VALUE_VARIANTS
    }

    fn to_possible_value<'a>(&self) -> Option<clap::PossibleValue<'a>> {
        let name = match self {
            Level::Debug => "debug",
            Level::Info => "info",
            Level::Warning => "warning",
            Level::Error { panic } => {
                if *panic {
                    "error-panic"
                } else {
                    "error"
                }
            }
        };

        Some(clap::PossibleValue::new(name))
    }
}

コマンドラインオプションで取りうる Level の値を LEVEL_VARIANTS で配列定数として定義し、それを使って ArgEnum を実装した。

ただ、この実装では「取りうる Level の値」が clap::ArgEnum::to_possible_value に実装でも定義されてしまっている。もう一手間かけて、データ駆動のプログラムにすれば、この重複を取り除くことができる。

データ駆動で実装の重複を取り除く

まずは、LevelCopyPartialEq (Eq) トレイトを実装する(ソースコード)。

#[derive(Debug, Clone, Copy, PartialEq, Eq)]
enum Level {
  ...
}

次に、コマンドラインオプションに指定できる文字列と Level の組をタプルにし、これを配列定数で定義する。

const LEVEL_NAME_TO_VALUE_VARIANTS: [(&'static str, Level); 5] = [
    ("debug", Level::Debug),
    ("info", Level::Info),
    ("warning", Level::Warning),
    ("error", Level::Error { panic: false }),
    ("error-panic", Level::Error { panic: true }),
];

そして、この配列の要素を使って、Level だけを要素に含む配列を作りclap::ArgEnum::value_variants の実装で使うようにする。

const LEVEL_VALUE_VARIANTS: [Level; LEVEL_NAME_TO_VALUE_VARIANTS.len()] = [
    LEVEL_NAME_TO_VALUE_VARIANTS[0].1,
    LEVEL_NAME_TO_VALUE_VARIANTS[1].1,
    LEVEL_NAME_TO_VALUE_VARIANTS[2].1,
    LEVEL_NAME_TO_VALUE_VARIANTS[3].1,
    LEVEL_NAME_TO_VALUE_VARIANTS[4].1,
];

impl clap::ArgEnum for Level {
    fn value_variants<'a>() -> &'a [Self] {
        &LEVEL_VALUE_VARIANTS
    }
  	...
}

残念ながら、array::mapconst fn ではないため、このようにすべての要素を列挙する必要がある。[1] 幸い、配列の長さ指定には別の配列の長さを使えるので、LEVEL_NAME_TO_VALUE_VARIANTS に新しい要素を追加したときはコンパイラが教えてくれる。

同様にして、clap::ArgEnum::to_possible_value も実装できる。

fn to_possible_value<'a>(&self) -> Option<clap::PossibleValue<'a>> {
    LEVEL_NAME_TO_VALUE_VARIANTS
        .iter()
        .find(|(_, level)| self == level)
        .map(|(name, _)| clap::PossibleValue::new(name))
}

clap::ArgEnum には他にも clap::ArgEnum::from_str があるが、こちらはデフォルト実装が提供されているので改めて実装する必要はない。

ただ、デフォルト実装のコードを読めば分かるが、上記の clap::ArgEnum::to_possible_value の実装と合わせると、n^2 のアルゴリズムになってしまう。とはいえ、これが問題になるほど、オプションの個数が多くなることはないだろう。

脚注
  1. Will array's map function be const at some point? - Rust Internals ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます