🚀

Cypress をサーバ起動まで待機させる

3 min read

公式ドキュメントに同様の記述があるので、この記事ではなくそちらを参照してください。

この方法でもうまくいかない場合は、続編もあります😔

サーバの起動を待ってからフロントエンドのテストを実行したければ、bahmutov/start-server-and-test が使えるよ。

…ということを書き残しておきたかった。記事の残りは背景説明と簡単なセットアップ方法の紹介なので、急いでいる人は読む必要はない。とりあえず、上記の start-server-and-test を導入して、

$ npm install --save-dev start-server-and-test

こんなふうに使う。

$ npx start-server-and-test 'http-server -c-1 .' http://localhost:3333 'cypress run'

ただし、web pack-dev-server を使っている場合は、URL を http-get:// で指定する(後述)。

背景 - 不安定な E2E テスト

フロントエンドの E2E テストに cypress を使っている。テストは CircleCI で実行しているのだが、このテストが最近、E2E だけ頻繁に失敗するようになってしまった。再実行しても成功したりしなかったり…。いわゆる「不安定なテスト (Flaky Tests)」[1] であり、地味に開発者をイライラさせる嫌なやつである。

原因究明

しばらくは放置していたのだが、さすがに我慢の限界に達して調査してみることにした。E2E テストは CircleCI ワークフローのジョブとして、以下のように実装されていた。

  1. サーバを起動するステップを background オプションつきでバックグラウンド実行
  2. そのあとのステップで cypress run を実行

失敗したときのログを追ってみると、1 のサーバ起動が JavaScript コードのトランスパイルとバンドルで時間がかかり、2 でのサーバ接続確認がタイムアウトしているようだった。

Opening Cypress...
Cypress could not verify that this server is running:

  > http://localhost:8080

We are verifying this server because it has been configured as your `baseUrl`.

Cypress automatically waits until your server is accessible before running tests.

We will try connecting to it 3 more times...
We will try connecting to it 2 more times...
We will try connecting to it 1 more time...

Cypress failed to verify that your server is running.

Please start this server and then run Cypress again.

3 回リトライしているのが見てとれるが、それでも足りなかったようだ。

起動時のリトライ回数は増やせない...

当初は「接続確認のリトライ回数を増やせばいいだろう」と考えていたのだが、残念ながらそれはできないらしい[2]失敗したテストのリトライはできる)。

というわけで、件の Issue でも紹介されている bahmutov/start-server-and-test を試してみることにした。この npm モジュールを使うことで、

  1. サーバが起動し、指定されたエンドポイントに接続できるまで待機
  2. 接続が確認できたらテストを実行

することができる(なので、サーバを起動するステップと cypress を実行するステップはひとつにまとめられる)。

start-server-and-test のセットアップ

導入は npm から。開発時にしか使わないので devDependencies として追加する。

$ npm install --save-dev start-server-and-test

追加すると、start-server-and-test というコマンドが使えるようになる。このコマンドの基本的な使い方はこんな感じ。

$ start-server-and-test <SERVER-COMMAND> <URL or PORT> <TEST-COMMAND>

README には npm script を使う方法が、まず紹介されている。

{
    "scripts": {
        "start-server": "npm start",
        "test": "mocha e2e-spec.js",
        "ci": "start-server-and-test start-server http://localhost:8080 test"
    }
}

もちろん、npx で起動することもでき、この場合は <SERVER-COMMAND>TEST-COMMAND の npx は省略可能だ。

$ npx start-server-and-test start 8080 test

ただし、サーバに webpack-dev-server を使っている場合は注意が必要。start-server-and-test はデフォルトで HEAD による確認を行うのだが、web pack-dev-server は HEAD に対応していない。この問題を回避するために、第 2 引数を http-get:// で始まる URL で指定しよう。

$ npx start-server-and-test start http-get://localhost:8080/ test

他にも README にはタイムアウトの設定や複数サーバを起動する方法について記載されているので、困ったら参照してほしい。

脚注
  1. Google Testing Blog: Flaky Tests at Google and How We Mitigate Them ↩︎

  2. Feature request: Add the ability to configure the server wait behavior · Issue #8870 · cypress-io/cypress ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます