🙆

Rust で GTK3 で GTK4 の違いを見る

2023/01/24に公開約3,500字

https://gitlab.com/-/snippets/2488173

RustでGTK3を使ったプログラムをGTK4に移植する前に調査してみた。
サンプルプログラムを書いてどれぐらいの変化があるかということを確認した。

サンプルプログラムは以下の画像のようなもの。ボタンをクリックするとカウントが増える。

デモ画面

crateは以下のバージョンを使っている。

gtk = "0.16.2"
gtk4 = "0.5.5

まずはGTK3。

use std::sync::{Arc, Mutex};

use gtk::prelude::*;
use gtk::{Application, ApplicationWindow, Button, Entry, EntryBuffer, ListBox};

fn main() {
    let app = Application::builder()
        .application_id("org.gtk.example")
        .build();

    app.connect_activate(|app| {
        let window = ApplicationWindow::builder()
            .application(app)
            .title("First GTK+3 Program")
            .build();
        let list_box = ListBox::builder().build();

        let button = Button::with_label("click me");
        let count = Arc::new(Mutex::new(0));
        let entry_buffer = EntryBuffer::new(Some("count 0"));
        list_box.add(&button);
        let entry = Entry::builder()
            .editable(false)
            .buffer(&entry_buffer)
            .build();
        button.connect_clicked(move |_| {
            let mut c = count.lock().unwrap();
            *c += 1;
            entry_buffer.set_text(&format!("count {}", &c));
        });

        list_box.add(&entry);
        window.add(&list_box);
        window.show_all();
    });
    app.run();
}

次はGTK4。

use std::sync::{Arc, Mutex};

use gtk4::prelude::*;
use gtk4::{Application, ApplicationWindow, Button, Entry, EntryBuffer, ListBox};

fn main() {
    let app = Application::builder()
        .application_id("org.gtk.example")
        .build();

    app.connect_activate(|app| {
        let window = ApplicationWindow::builder()
            .application(app)
            .title("First GTK+4 Program")
            .build();
        let list_box = ListBox::builder().build();

        let button = Button::with_label("click me");
        let count = Arc::new(Mutex::new(0));
        let entry_buffer = EntryBuffer::new(Some("count 0"));
        list_box.append(&button);
        let entry = Entry::builder()
            .editable(false)
            .buffer(&entry_buffer)
            .build();
        button.connect_clicked(move |_| {
            let mut c = count.lock().unwrap();
            *c += 1;
            entry_buffer.set_text(&format!("count {}", &c));
        });

        list_box.append(&entry);
        window.set_child(Some(&list_box));
        window.show();
    });
    app.run();
}

プログラムの構造としてはほぼ同じだがコンテナに要素を追加するメソッドがaddからappendに変わっているなど微妙な差異が出ている。
当然コンパイルエラーになるので気付くのだがそれなりに面倒な感じがする。

キー入力イベントの処理

GTK4になってかなり書き方が変わった。
key-pressイベントにコールバックを設定するのではなくEventControllerKeyに対してコールバックを追加し,
ウィジェットにそのコントローラを追加する形になった。

        let controller = EventControllerKey::new();
        let app = app.clone();
        controller.connect_key_pressed(move |_controller, k, _c, _m| {
            if k == Key::Escape {
                app.quit();
            };
            Inhibit(false)
        });
        window.add_controller(&controller);

drawイベントの廃止

drawイベントが廃止されコールバックを別に登録する形となった。

        let drawing_area = DrawingArea::builder()
            .width_request(200)
            .height_request(200)
            .build();
        drawing_area.set_draw_func(move |_area, cr, _width, _height| {
            cr.set_source_rgb(0.1, 0.1, 0.1);
            cr.rectangle(30.0, 30.0, 40.0, 40.0);
            cr.fill().unwrap();
        });
        list_box.append(&drawing_area);
        window.set_child(Some(&list_box));
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます