Linuxでbootable USB diskイメージを作成する

1 min read読了の目安(約400字

ISO9660形式で配布されているインストーラをCDやDVDに焼かずにUSBメモリからブートするためのイメージを作成した。

ダウンロードしたISOイメージをisohybrid で変換する。Debianではsyslinux-utilsパッケージに含まれている。
% isohybrid installer.iso
そのままこのファイルがUSBメモリでブート可能な形式に書き換えられる。次に dd を使って書き込む
% sudo dd if=installer.iso of=/dev/sdX
/dev/sdXは適当なデバイス名(/dev/sdfとか/dev/sdgとか)を指定する。何になるかはデバイスを接続したときに
dmesgもしくはsyslogの出力を見る。またGNOMEやKDEだと自動的にマウントしてしまうことがあるのでその場合は手動でデバイスを事前にumountする

ddの書き込みが終了すればOK。SystemRescueCDやUbuntuで動作確認あり。