🧐

Decidimの翻訳について

2022/02/10に公開約1,000字

Decidimの翻訳関連情報についてかんたんにまとめておきます。

Decidimの翻訳ツール

Decidimは元々スペイン(しかもカタルーニャ)で開発されたという経緯もあり、当初から国際化・多言語化が行われていたようです。日本語も追加されています(改善点は多々ありますが…)。

多言語対応にはソフトウェアのみでなく、各種の翻訳情報を揃える必要があります。Decidimではそのためのサービスとして、Crowdinを使っています。

https://crowdin.com/

Decidimで翻訳されているもの

Crowdinで管理されている翻訳情報は下記の2つがあります。

上のURLはDecidimアプリケーション自体の翻訳、下のURLはDecidimの公式サイトである https://decidim.org/ のコンテンツの翻訳を管理しています。

なお、Decidimに関する文書としてはドキュメントサイトである https://docs.decidim.org/en/ がありますが、このサイトの公式な翻訳はないようです。

https://docs.decidim.org/en/

Decidim翻訳への参加

自分でもDecidimの翻訳に参加したい!という方は、Crowdinから申し込めます。先程触れたドキュメントサイトの「Translations / Existing language」のところも参考にしてください。

https://docs.decidim.org/en/contribute/translations/#_existing_language

なお、筆者は上記2つのサイトの翻訳に参加しているため、筆者に連絡していただくか、Code for Japanで管理しているDecidimインスタンスのGitHubレポジトリ https://github.com/codeforjapan/decidim-cfj にissueを立てていただいても対応できるかと思います。

https://github.com/codeforjapan/decidim-cfj

Discussion

ログインするとコメントできます