🐡

【React】チュートリアルやってみた①

3 min read

環境

Windows10Pro

目次

①Reactのプロジェクトを作成し、Webからアクセスできることを確認する。←ここ
②クリックしたマスに×を表示させる。

https://zenn.dev/taka_tech/articles/17600f9bc5d4b5
③手番を追加し、クリック時に〇と×が交互に表示されるようにする
https://zenn.dev/taka_tech/articles/e1c0b0b01e9b96
④勝利判定を実装する。
https://zenn.dev/taka_tech/articles/d52991cdb0cbfd
⑤履歴機能を実装する
https://zenn.dev/taka_tech/articles/141760436bef12

最終目標

Reactチュートリアルの三目並べゲームを作成する

https://ja.reactjs.org/tutorial/tutorial.html

目標①

Reactのプロジェクトを作成し、Webからアクセスできることを確認する。

実践

プロジェクトの作成

Node.jsがインストールされていることを確認し、プロジェクトを作成する。

> node --version //バージョン確認
v12.22.1
> npx create-react-app my-app //プロジェクトの作成

作成したプロジェクトのsrcフォルダ配下のファイルを全て削除する。

> cd my-app
> cd src
> del * //srcフォルダ内のファイルをすべて削除する。

以下の構成でjsファイルとcssファイルを作成する。

src/
  ├ index.css
  └ index.js
index.css
body {
    font: 14px "Century Gothic", Futura, sans-serif;
    margin: 20px;
  }

  ol, ul {
    padding-left: 30px;
  }

  .board-row:after {
    clear: both;
    content: "";
    display: table;
  }

  .status {
    margin-bottom: 10px;
  }

  .square {
    background: #fff;
    border: 1px solid #999;
    float: left;
    font-size: 24px;
    font-weight: bold;
    line-height: 34px;
    height: 34px;
    margin-right: -1px;
    margin-top: -1px;
    padding: 0;
    text-align: center;
    width: 34px;
  }

  .square:focus {
    outline: none;
  }

  .kbd-navigation .square:focus {
    background: #ddd;
  }

  .game {
    display: flex;
    flex-direction: row;
  }

  .game-info {
    margin-left: 20px;
  }
index.js
import React from 'react';
import ReactDOM from 'react-dom';
import './index.css';

class Square extends React.Component {
    render() {
      return (
        <button className="square">
          {/* TODO */}
        </button>
      );
    }
  }

  class Board extends React.Component {
    renderSquare(i) {
      return <Square />;
    }

    render() {
      const status = 'Next player: X';

      return (
        <div>
          <div className="status">{status}</div>
          <div className="board-row">
            {this.renderSquare(0)}
            {this.renderSquare(1)}
            {this.renderSquare(2)}
          </div>
          <div className="board-row">
            {this.renderSquare(3)}
            {this.renderSquare(4)}
            {this.renderSquare(5)}
          </div>
          <div className="board-row">
            {this.renderSquare(6)}
            {this.renderSquare(7)}
            {this.renderSquare(8)}
          </div>
        </div>
      );
    }
  }

  class Game extends React.Component {
    render() {
      return (
        <div className="game">
          <div className="game-board">
            <Board />
          </div>
          <div className="game-info">
            <div>{/* status */}</div>
            <ol>{/* TODO */}</ol>
          </div>
        </div>
      );
    }
  }

  // ========================================

  ReactDOM.render(
    <Game />,
    document.getElementById('root')
  );

アプリを起動し、Webで確認する

yarn startコマンドでアプリを起動し、http://localhost:3000 にアクセスし盤面が表示されていることを確認する。

> yarn start

Discussion

ログインするとコメントできます