🕌

Chorme拡張機能 Content Hub Power Extension ご紹介

2022/06/27に公開約900字

今回は、日々のContent Hubの画面遷移、エンティティの確認作業などがちょっとし効率的になるChromeの拡張機能[Content Hub Power Extension]をご紹介をします。

Content Hub Power Extension のインストール

以下のURLよりインストールしてください。

https://chrome.google.com/webstore/detail/content-hub-power-extensi/mhhfhpbdecmbipmbnphdbpnaldamcmac

事前設定

Chromeのツールバーより拡張機能を選択し、Content Hub Power Extensionを固定化して準備完了です。任意のContent Hub環境にアクセスしてください。

拡張機能の利用機能

Content Hub上でアイコンをクリックすると以下のメニューが表示されます。

利用例1 管理メニューへの遷移

通常は[管理メニュー] > 任意の機能という操作が必要でしたが、この拡張機能を利用すると、ダイレクトに任意のメニューへの遷移が可能になります。

利用例2 アセットのエンティティの確認

任意のAssetページを開いた状態で、右上のEntityボタンを押すと、対象のアセットのEntityの詳細がJson形式で確認できます。また[Entity BY ID]メニューは任意のIDを入力その詳細情報を確認します。

対象の拡張機能のレポジトリは以下になります。日本語化や特定のメニューの追加など個別でカスタマイズするとより使い勝手がよくなりそうです。
有志の方が開発いただいてます。このような活動はありがたいです。

https://github.com/rvdplas/ContentHubChromeExtension

以上、日々の運用が少し効率的になる拡張機能のご紹介でした。

Discussion

ログインするとコメントできます